山本耕史・上原多香子出演『リトルショップ・オブ・ホラーズ』公開舞台稽古 - 2005年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左からムシュニク役の小堺一機、シーモア役の山本耕史、オードリー役の上原多香子
▲左からムシュニク役の小堺一機、シーモア役の山本耕史、オードリー役の上原多香子
写真/オードリーIIのおかげで有名になってゆくシーモア 写真/シーモアの同僚であり、彼が想いを寄せるオードリー

▲オードリーIIのおかげで有名になってゆくシーモア

▲シーモアの同僚であり、彼が想いを寄せるオードリー
 明日、初日の幕を開けるブロードウェイ・ミュージカル『リトルショップ・オブ・ホラーズ』の舞台稽古が、本日青山劇場で報道陣に公開された。

 同作品は、1960年に公開された同名の映画が原作。82年にNY初演され、2カ月後に昇格したオフ・ブロードウェイでは2209回のロングラン公演を記録した。2003年にはオン・ブロードウェイでも再演されている。日本では84年に、シーモア役に真田広之、オードリー役に桜田淳子を迎えて初演され、その後もキャストや演出を変え再演を重ねてきた。今回は、4年ぶりの登場となり、シーモアには山本耕史、オードリーには上原多香子が扮する。

 下手奥にオーケストラを配置したステージ上には、ホラーの要素を踏まえつつも、B級というだけあって、どこかコミカルなセットが登場。客席近くや照明付近まで装飾された徹底ぶりだ。本職がシンガーであるストリート・ガールズ役の浦嶋りんこ、Tina、尾藤桃子のソウルフルな歌声にも注目。また、作品史上初めて女性でオードリーIIの声を当てた和田アキ子の力強い歌声が、作品の雰囲気をより一層盛り上げていた。

 同劇場では、27日まで上演。来月16〜18日には大阪・シアターBRAVA!、同22・23日には高知市文化プラザかるぽーと 大ホールでの公演も決まっている。
 キャストを代表して、山本耕史と上原多香子からコメントが発表された。

山本耕史
ダサダサでさえない植物オタクのシーモアが、今で言う「電車男」に見えればいいなぁと思っています。シーモアの純粋さを、上原さん演じるオードリーのかわいらしさにうまく絡ませ、ちょっと劇画チックなこの作品に、ふわっとした人間らしさがプラスできたらと思っています。今までも再演が重ねられている作品ですが、今回は日本版のオリジナルエンディングがあったり、共演者もミュージシャンもすごい人たちが集まっているので、どこを取っても楽しんでいただけると思います。

上原多香子
初舞台ですので、最初はどうしていいかわからず緊張していましたが、次第に稽古場に行くのが本当に楽しみになり、毎日充実した時間を過ごすことができました。あっという間に初日が来たという感じです。共演の皆さまにも助けていただき、一緒に作品を作る楽しさをひしひしと感じています。ミュージカルって楽しい!!です。
公演データ
東京公演:青山劇場(11/3〜27)

【大阪公演】
2005.12/16(金)〜18(日) シアターBRAVA!
・チケット発売中
・全席指定S席10,000円/A席8,500円、S席3枚セット26,400円(シアターBRAVA!、一部COOPのみ取り扱い)
・お問い合わせ=シアターBRAVA! TEL.06-6946-2260

【高知公演】
2005.12/22(木)・23(金・祝) 高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
・チケット発売中
・全席指定S席10,000円(1・2F)/A席7,000円(3F)
・お問い合わせ=テレビ高知 TEL.088-880-1110

パンフレット:A4版1,500円