歌舞伎が世界の無形文化遺産に - 2005年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は25日、「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」を発表した。第3回となる今回は、43件の世界無形文化遺産が認定され、日本からは歌舞伎が選ばれた。

 世界無形遺産は、有形の文化財や自然保護を目的とする世界遺産とは対照的に、口頭の伝承や無形の文化遺産が対象。政府、地方自治体、NGOなどが協力し、継承と保護を目的に選ばれている。これまで2001年より隔年で認定され、日本からは01年に能楽、03年に人形浄瑠璃文楽が登録されている。