市川段治郎が「十二月大歌舞伎」休演 - 2005年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 来月2日から歌舞伎座で上演される「十二月大歌舞伎」に出演を予定していた市川段治郎が、筋緊張性頭痛のため休演することになった。昼の部『盲目物語』の浅井長政は坂東薪車、夜の部『船辨慶』の武蔵坊弁慶は坂東弥十郎がそれぞれ代役を務める。

 体調不良のため25日に病院で検査を受けた結果、筋緊張性頭痛と診断。約1カ月の安静が必要だという。