「BroadwayGalaConcert2005-2006」開催 - 2006年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/ACT2より 出演者全員による“ショーほど素敵な商売はない(『アニーよ銃をとれ』)”
▲ACT2より 出演者全員による“ショーほど素敵な商売はない(『アニーよ銃をとれ』)”
 日本ミュージカル界の第一線で活躍する俳優たちが、ブロードウェイのミュージカル・ナンバーを歌い継ぐイベント「Broadway Gala Concert 2005-2006」が、昨年の大晦日と本年元日に東京国際フォーラム ホールCで開催された。ステージ上では鳳蘭ら13名の出演者とアンサンブルが、華やかなパフォーマンスを披露。また、フジテレビアナウンサー軽部真一と笠井信輔両氏の軽妙な司会により、インタビューでも場内を沸かせていた。
 同公演は、コンサートであると同時に、将来性のあるミュージカル俳優の育成を目的としたオーディションが開催されるのが特色だ。ミュージカル『コーラスライン』から「舞台上でのオーディション」の発想を得て、昨年2月に初めて開催され、今回で3回目となる。書類審査の後、第1次オーディションにあたる実技審査(歌・ダンス)を経て、同公演中に観客の前で最終審査を受ける流れとなっている。

 合格者には、同公演の一部収益から1カ月間ニューヨークでレッスンを受けることができるスカラシップが授与される。第1回では、海保エミリさん、佐々木誠さん、高橋千佳さんの3人が合格。佐々木さんと高橋さんは、今月上演のミュージカル『グランドホテル』に出演する。この他にも、昨年11月に上演されたミュージカル『FAME』に、第1回の最終審査に残ったダンサーらが出演したなど、スカラシップ以外にも実績を持つオーディションだ。

 今回は、約500名が応募。最終審査には20名が選出され、審査の結果、生尾佳子さんと本田有花さんがスカラシップを獲得した。
写真/オーディションの様子 写真/スカラシップを獲得した生尾佳子さんと本田有花さん

▲オーディションの様子

▲スカラシップを獲得した生尾佳子さんと本田有花さん
写真/石井一孝
写真/今井清隆
写真/浦井健治
写真/鳳蘭
写真/岡幸二郎
写真/霧矢大夢(左)と和音美桜
写真/今拓哉
写真/島田歌穂
写真/新妻聖子 写真/玉野和紀 写真/前田美波里 写真/マルシア

▲1段目左から石井一孝、今井清隆、浦井健治、鳳蘭、2段目左から岡幸二郎、霧矢大夢(左)と和音美桜、今拓哉、島田歌穂、3段目左から新妻聖子、玉野和紀、前田美波里、マルシア