第13回読売演劇大賞、優秀賞決まる - 2006年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 読売新聞社主催の第13回読売演劇賞の優秀賞が、今月13日に発表された。第1次選考会の結果、下記5部門25件の作品と個人が選ばれた。

 今月下旬に開催される最終選考会で、演劇評論家、新聞社の演劇担当記者ら100名からなる投票委員の投票により、優秀賞の中から各部門の最優秀賞を決める。新人賞にあたる杉村春子賞は、同委員の推薦により選ばれることになっている。また、長年にわたる演劇界への貢献や、優れた企画の推進に功労のあった個人・団体に、芸術栄誉賞が贈られる。発表は、来月上旬の予定。
各部門の受賞者・団体
■作品賞
新国立劇場『城』(1月、新国立劇場 小劇場)
Bunkamura『メディア』(5月、Bunkamura シアターコクーン)
パルコ『LAST SHOW』(7月、PARCO劇場)
二兎社『歌わせたい男たち』(10・11月、ベニサン・ピット)
新国立劇場『屋上庭園/動員挿話』(10・11月、新国立劇場 小劇場)

■男優賞
浅野和之(『ブラウニング・バージョン』のアンドルウ・クロッカーハリス役、『12人の優しい日本人』の陪審員1号役)
尾上菊之助(『NINAGAWA 十二夜』の斯波主膳之助/獅子丸実は琵琶姫役、『児雷也豪傑譚話』の児雷也役)
日下武史(『アンチゴーヌ』のクレオン役、『思い出を売る男』の乞食役)
段田安則(『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』の豊田郷ノ三郎役、『贋作・罪と罰』の都司之助役)
仲代達矢(『ドライビング・ミス・デイジー』のホーク・コールバーン役)

■女優賞
大浦みずき(『ナイン THE MUSICAL』のリリアン・フルール役、『カルテット』のメルトイユ役)
大竹しのぶ(『メディア』のメディア役)
戸田恵子(『歌わせたい男たち』の仲ミチル役)
七瀬なつみ(『屋上庭園』の三輪の妻役、『動員挿話』の数代役)
松たか子(『コーカサスの白墨の輪』のグルシャ・ヴァシャナゼ、『贋作・罪と罰』の三条英役)

■演出家賞 
串田和美(『コーカサスの白墨の輪』)
永井愛(『歌わせたい男たち』)
蜷川幸雄(『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』『メディア』『NINAGAWA 十二夜』『天保十二年のシェイクスピア』)
深津篤史(『父帰る』『釣堀にて』『動員挿話』)
松本修(『城』『唐版風の又三郎 近大バージョン』)

■スタッフ賞
宇崎竜童(『ロック曽根崎心中』『天保十二年のシェイクスピア』の音楽)
金井勇一郎(『NINAGAWA 十二夜』の美術)
沢田祐二(『城』『ナイン THE MUSICAL』の照明)
島次郎(『城』『死の棘』の美術)
中越司(『KITCHEN』『メディア』の美術)