宝塚星組トップスター・湖月わたる退団 - 2006年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 宝塚歌劇団は本日、星組主演男役・湖月わたるの退団を発表した。今年11月12日の東京宝塚劇場公演『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム』千秋楽での退団となる。明日、大阪にて同劇団理事長が同席しての退団記者会見を行う予定だ。

 埼玉県入間市出身、1989年3月『春の踊り』で初舞台。星組から、98年の宙組発足に伴い同組に組替え。2000年6月には、新たに導入された専科制度により、専科に異動した。03年4月に全国ツアー公演『蝶・恋』『サザンクロス・レビューIII』で、昨年退団した檀れいと星組トップコンビとしてお披露目。同年上演され、第58回芸術祭賞演劇部門優秀賞(関東)を受賞した『王家に捧ぐ歌』で大劇場お披露目を飾った。

 今後のスケジュールとしては、今月17日からの東京宝塚劇場公演『ベルサイユのばら』、4・5月に大阪と東京で上演されるダンシング・リサイタル『Across』、6月に梅田芸術劇場 メインホールで上演されるミュージカル『COPACABANA』への出演を経て、宝塚最後の舞台となる『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム』に挑む。