櫻井翔主演『ビューティフル・ゲーム』製作発表 - 2006年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/ジョーイ・マクニーリー(演出・振付) 写真/安良城紅

▲ジョーイ・マクニーリー(演出・振付)

▲安良城紅
写真/山崎裕太 写真/黒田勇樹 写真/脇知弘

▲山崎裕太

▲黒田勇樹

▲脇知弘
写真/華原朋美 写真/浜畑賢吉

▲華原朋美

▲浜畑賢吉
 ミュージカル界のヒットメーカー、アンドリュー・ロイド=ウェバーと、『WE WILL ROCK YOU』の脚本家ベン・エルトンが放つ社会派ミュージカルに、嵐の櫻井翔など若手俳優たちが集結! その製作発表が15日都内で行われた。

 1969年、アイルランドのベルファースト。このころ、英国からの独立を望むカトリック教徒と、統治を目指すイギリス人(プロテスタント)との間では、大勢の死者を出しながら血なまぐさい争いが続いていた。そんなアイルランドを舞台にした本作では、サッカーや恋に明け暮れる平凡な若者たちが、宗教や政治の波に翻弄され、人生を大きく変えていく姿を切なく描く。

 サッカー選手として将来を嘱望され、友人たちからの人望も厚い主人公ジョンを演じるのは、嵐の櫻井翔。『ウエストサイドストーリー』(2004年)に引き続き、本作が2度目のミュージカル出演となる。また、彼にとっては単独初主演&初座長公演となる。共演は安良城紅、山崎裕太、黒田勇樹、脇知弘、華原朋美といった若手俳優たち。そして、ベテランの浜畑賢吉が存在感たっぷりに脇を固める。演出・振付を手がけるのは、『ウエストサイドストーリー』でも櫻井と組んだジョーイ・マクニーリーだ。
ジョーイ・マクニーリー(演出・振付)
日本に再び来られてうれしいです。僕はミュージカルの演出や振付をするのが大好き。今回は、日本独自の演出プランで臨みます。(本作が日本で初上演作ということで)新しいショーを初めから作り上げるということは、僕自身にとって初めてのことで、とてもエキサイティングです。みなさんには、この創造の目撃者になってほしい。

櫻井翔 ジョン・ケリー(恋とサッカーに熱中する主人公)
僕は小・中学校でサッカーをプレーしていて、今もフットサルをやっています。やっと舞台上で日の目をみるなぁ……(笑)。僕は第三者的にこの作品を「観たいなぁ」と思います。そして、宗教や紛争を扱ったこの作品に出られて幸せです。アイデンティティーが失われそうな人びとが、“テロ”という行為に走ってしまう理由を考えるきっかけになるといいし、世界中で起こっている紛争の縮図を表現したいなぁと思っています。

安良城紅 メアリー・マガイア(ジョンの恋人)
今まで歌手として一人での仕事が多く、たくさんの人と仕事をするのは初めて。出演者の中で最年少だし、分からないことだらけだけれど、物語の登場人物の気持ちを代弁できるよう、頑張りたい。

山崎裕太 トーマス・マロイ(ジョンのチームメイト)
(『大江戸ロケット』以来)約5年ぶりに青山劇場に立てるのがうれしいです。僕はジャニーズ事務所の所属じゃないんですが、今までジャニーズの先輩たちにはお世話になってきたんで、座長の翔君を良く見せられるように頑張りたい(笑)。

黒田勇樹 ダニエル・ギレン(ジョンのチームメイト)
物語の後半、周りのみんなの状況は悪くなっていくけれど、僕の役はそのまま。戦争と共存する難しい役です。何がどうかは、とにかく観てほしい。あと、僕はサッカーボールが真っすぐけれない(笑)!

脇知弘 ジンジャー・オショーネシー(ジョンのチームメイト)
ミュージカルもサッカーも初めて。「おれでいいの?」って思った(笑)。僕の癒し系のシーンを観てほしい。やせる思いで頑張ります(笑)。

華原朋美 クリスティーン・ワーナー(メアリーの友人)
『赤毛のアン』に続いて、ミュージカルに出るのは2回目です。舞台女優を目指しています! 青山劇場で『スター誕生』を観た時、ここに立てたらいいなぁって思いました。だから、脇君と同じで「私でいいの?」って(笑)。でも、お話をいただいた限り、一生懸命やります。

浜畑賢吉 オドネル神父(サッカーチームのコーチ)
この作品を通して、“愛”を伝えたいです。ただ一人、おじさんですが(笑)、若いみんなの感性につぶされないように頑張ります。