市川團十郎が5月に舞台復帰 - 2006年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 松竹は3日、白血病治療のため休養している歌舞伎俳優・市川團十郎が、5月の歌舞伎座公演で復帰すると発表した。昼の部に出演し、テンポの早い長台詞で有名な『外郎売(ういろううり)』で曽我五郎役を務める。團十郎は「とてもうれしく思っています。成田屋の家の芸である歌舞伎十八番のうちの『外郎売』で復帰できるのは、大きな喜びです」との談話を出した。

 2004年5月の歌舞伎座公演中に急性前骨随球性白血病と診断され、降板。10月に、息子である十一代目市川海老蔵の襲名披露パリ公演で復帰を果たしたが、05年8月に再発が判明したため、今年2月まで入院していた。