坂東三津五郎らが日本芸術院賞を受賞 - 2006年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 日本芸術院は24日、美術・文芸・音楽・演劇などの優れた業績を上げた人物に贈る、2005年度の日本芸術院賞を発表した。演劇関係では、『道元の月』の演技や『芋掘長者』の振付・演技が評価された歌舞伎俳優の坂東三津五郎、近年の舞台成果を認められた能楽師の野村四郎が選ばれた。また、同受賞者の中から選ばれる恩賜賞は、オペラに対する長年の貢献が評価された声楽家(バリトン)の畑中良輔のほか、村田省蔵(洋画)、辻井喬(小説・詩歌)が受賞した。全受賞者は以下の通り。
受賞者
村田省蔵(洋画)/辻井喬(小説・詩歌)/畑中良輔(洋楽)/福田千惠(日本画)/市村緑郎(彫塑)/原益夫(工芸)/劉蒼居(書)/香山壽夫(建築)/野村四郎(邦楽)/坂東三津五郎(演劇)