「大人計画フェスティバル」制作発表会 - 2006年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/大人計画の俳優・作家・スタッフのめんめん
▲大人計画の俳優・作家のめんめん
写真/松尾スズキ 写真/宮藤官九郎

▲松尾スズキ

▲宮藤官九郎
 松尾スズキ、宮藤官九郎、阿部サダヲら個性あふれる俳優&作家陣が多数籍を置く大人計画が、9月、フェスティバルを行う。前代未聞の珍事に、会場には多数の報道陣が詰め掛けた。
 「今日は珍しく!昨日より珍しく!」をスローガンに、大人計画所属の俳優&作家陣が一丸となり、2日間限定の文化祭・大人計画フェスティバルを開催する。主宰・松尾スズキの「なんとなく勢いはあるけれど、リアクションの難しいものじゃないかと思いますが……(笑)」というコメントで始まった会見では、出席した19人の所属俳優&作家一人ひとりがフェスティバルに対する意気込みを述べ、会見を盛り上げた。「スローガン通り、珍しさを追究していきたいです。おへそに目がついていたらやっぱり珍しいじゃないですか(笑)。大人計画は既成概念を崩してきた集団ですから、この祭りをやったことでこれまでの大人計画のイメージが覆されるようにしたいですね。動員2万人が目標です」(松尾)、「文化祭ですから、やっぱりお化け屋敷だろうということで(笑)、僕はお化け屋敷をやります。僕が考えた変なお化けがたくさん出ますよ」(宮藤)、「学生時代から学園祭がすごく好きでした。(今回使用する)西落合中学校は廃校ですが、自分の母校がなくなってしまうのはとても寂しいので、この祭りで盛り上げたい」(阿部)

 また、「各回30人限定のバーのママをやる」猫背椿、「新宿の居酒屋で13年バイトした経験をいかして」“串タロー多摩センター店”を特別開店する皆川猿時、「チョコバナナを手売りし、一日2000本の売り上げを目指す」三宅弘城、宮藤&細川徹脚本による新作と古典落語を披露する荒川良々と近藤公園、「遊びじゃなく真剣勝負のオーケストラに挑戦する」平岩紙、「死人が出てしまうくらいのテンションでやりたい」と一人で6企画も計画中の宮崎吐夢などなど、各人のやりたいことが詰まった盛りだくさんのフェスティバルになりそうだ。

 なお、2日間のイベント詳細、および開催時間についてはフェスティバル公式ホームページを参照。
イベントデータ
「大人計画フェスティバル」
2006.9/9(土)・10(日)

【キャスト】 松尾スズキ/宮藤官九郎/池津祥子/伊勢志摩/顔田顔彦/宍戸美和公/阿部サダヲ/宮崎吐夢/猫背椿/皆川猿時/村杉蝉之介/田村たがめ/荒川良々/近藤公園/平岩紙/正名僕蔵/三宅弘城/新井亜樹/井口昇/細川徹/少路勇介/星野源 ほか

・料金=普通入場券3,200円/当日3,500円 *各種有料イベント券についてはお問い合わせを
・会場=旧西落合中学校(多摩センター駅より徒歩15分)
・問い合わせ=大人計画 TEL.03-3327-4312