『弁慶』舞台稽古 - 2006年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/『勧進帳』の名シーン。下は源義経役の中村繁之
▲『勧進帳』の名シーン。下は源義経役の中村繁之
 05年のNHK大河ドラマ「義経」で好評を博した、松平健演じる武蔵坊弁慶。最終回から約半年を経て、松平弁慶を主役に据えた物語が、舞台となって新宿コマ劇場に登場する。

 五条大橋での運命的な出会い以来、義経を命懸けで支え、守り続けた弁慶の生きざまを、妻や子供との絆も交えて描く。
 初日前日、6月30日に松平健の囲み会見が行われ、見どころを語った。「観ていて飽きない舞台になっていると思う。今回は妻や娘が登場するので、家族愛や夫婦愛も描かれる。テレビ(大河ドラマ)とは少し違った作品になるのでは。一幕終わりの宙づりと、『勧進帳』の場面が見どころ」

 また会見後には舞台稽古が行われた。物語は、弁慶の少年時代から、義経とともに平泉へ落ちていくところまでを描く。誰もが知る弁慶の豪快さに加え、妻・玉虫との愛を描くシーンでは、甘いマスクの松平弁慶ならではの、二枚目で包容力ある一面も見せた。フライングも交えた迫力の殺陣は見応え十分。さらに歌舞伎でも有名な『勧進帳』の場面でも堂々たる演技を見せ、義経に伏して非礼を侘びる、迫真の男泣きも見逃せない。

 第二部では「唄う絵草紙」と題し、「マツケンサンバII」「マツケンAWA踊り」などを歌い踊り、きらびやかなステージを展開した。
公演データ
2006.7/1(土)〜27(木) 新宿コマ劇場

【スタッフ】『弁慶』脚本=堀越真 演出=水谷幹夫 『唄う絵草紙』構成・演出=酒井澄夫
【キャスト】松平健/紺野美沙子/峰岸徹/鈴木ほのか/中村繁之/磯部勉/園田裕久/真島茂樹/新田純一/西川鯉之亟/渚あき/神矢ゆき

・チケット発売中
・全席指定S席11,000円/A席6,500円/B席3,000円
・お問い合わせ=新宿コマ劇場 TEL.03-3200-2213