劇団若草代表の八重垣緑さんが逝去 - 2006年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 1949年に劇団若草を創立して以来、5000人を超える俳優の育成に尽力した八重垣緑(本名:上山七重)さんが、2日午前、肥大型心筋症のため逝去した。75歳だった。通夜および告別式は近親者のみですでに執り行われたが、改めて八重垣さんを偲ぶ「お別れの会」が、9月4日午後1時30から東京・中野サンプラザ13階のコスモホールにて催される。

 やえがき・みどり(かみやま・ななえ) 1931年生まれ。49年に父母とともに、劇団若草を創立。73年には、さらなる俳優養成およびマネージメント業務を目的に八重垣事務所を設立し、これまでに音無美紀子、桃井かおり、杉田かおる、吉岡秀隆、山本耕史ら映像・舞台で活躍する人気俳優を多数輩出した。企画制作をした主な公演に「井上ひさしシリーズ」「ガルシア・ロルカ三大悲劇」「『みすゞの世界』シリーズ」がある。