宝塚雪組と星組の次期娘役トップが決定 - 2006年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 宝塚歌劇団は、星組の白羽ゆりと専科の遠野あすかの組替えと、その後の次期主演娘役の内定を発表した。11月13日付で白羽は雪組へ、遠野は星組へ組替えとなり、雪組現娘役トップの舞風りらの今年限りでの退団と、星組現娘役トップの白羽の異動を受けて、それぞれ新たな娘役トップとして舞台に臨むことになる。

しらはね・ゆり 98年に『シトラスの風』で初舞台を踏み、翌年、月組に配属。初ヒロインは2000年の『更に狂はじ』。01年に雪組に組替えとなり、04年の『花供養』でヒロイン役を射止める。05年に星組所属となり、同年9月の全国ツアー公演『ベルサイユのばら』『ソウル・オブ・シバ!!』より、主演男役・湖月わたるの相手役として主演娘役に就任。06年には『ベルサイユのばら』のマリー・アントワネット役、『コパカバーナ』のローラ役で好評を博した。雪組主演娘役としての初お披露目は、07年2月に中日劇場で行われる『星影の人』『Joyful!! II』。本公演でのお披露目は『エリザベート』(宝塚大劇場は07年5・6月、東京宝塚劇場は7・8月)となる。

とおの・あすか 98年の初舞台『シトラスの風』を経て、翌年、宙組に配属。99年に『Crossroad』で初ヒロインに抜擢される。01年、花組に組替えとなり、04年の『NAKED CITY』、05年の『ERNEST in Love』でヒロインを務め、娘役としての活躍を見せる。06年に専科に異動。星組、宙組で上演された『コパカバーナ』のコンチータ役を好演するなど、さらなる存在感を発揮している。星組主演娘役としての初お披露目は『ヘイズ・コード』(シアタードラマシティは12月、日本青年館は07年1月)。本公演でのお披露目は『さくら』『シークレット・ハンター』(宝塚大劇場は07年3・4月、東京宝塚劇場は5〜7月)となる。