新国立劇場バレエ『ライモンダ』 キャスト変更 - 2006年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 新国立劇場オペラ劇場にて10月6日から9日に上演されるバレエ『ライモンダ』の主役キャストが変更になった。6日・9日に主役ゲストダンサーとして出演を予定していた、ボリショイ劇場バレエのプリンシパル、アンドレイ・ウヴァーロフが春先に痛めた怪我の回復が思わしくないため、降板。代わって、マリインスキー劇場バレエのプリンシパル、ダニラ・コルスンツェフが出演する。

 また7日も、主役ゲストダンサーとして出演を予定していたアナスタシア・チェルネンコ(キエフ・バレエ)とデニス・マトヴィエンコ(ボリショイ劇場バレエ)に代わり、ダリア・パヴレンコ(マリインスキー劇場バレエ・プリンシパル)と上記のダニラ・コルスンツェフが出演する。

 払い戻しは、公演当日まで同劇場ボックスオフィスにて受付。問い合わせはTEL.03-5352-9999まで。