俳優の丹波哲郎さん死去 - 2006年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 映画「砂の器」「大霊界」などで知られる俳優の丹波哲郎さんが24日、肺炎のため都内の病院で死去した。84歳だった。

 たんば・てつろう 1922年生まれ。中央大学卒業後、一度は就職するも、俳優を志す。創芸小劇場、文化座を経て、52年に「殺人容疑者」で映画デビュー。59年からフリーとなり、任侠映画を中心に、次第に注目を集めるようになる。67年に「007は二度死ぬ」でハリウッド映画に出演。74年の映画「砂の器」、75年のテレビドラマ「Gメン75」などのヒット作で存在感を発揮する。霊界研究家としても知られ、著作のほか「死後の世界」を描いた映画「大霊界」シリーズを監督し、興行的にも成功を収める。94年には「大霊界」の舞台版を発表し、好評を博した。04年には泉鏡花の名作を、長塚圭史脚色、三池崇史演出で舞台化した『夜叉ケ池』にも出演した。