『冬のソナタ ザ・ミュージカル』公開舞台稽古 - 2006年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/イム・ガンヒ(左)とイ・サンヒョン

▲イム・ガンヒ(左)とイ・サンヒョン
写真/イム・テギョン(左)とパク・ホンジュ 写真/ユン・ソクホ(総合演出)

▲イム・テギョン(左)とパク・ホンジュ

▲ユン・ソクホ(総合演出)
 韓国発の人気テレビドラマ「冬のソナタ」がミュージカルになった!! 10月4日の初日を前に、3日夕、新宿コマ劇場にて公開舞台稽古が行われた。
 2002年に韓国で放送された「冬のソナタ」は、美しい映像と音楽に乗せて男女のせつない純愛模様を紡ぎ出し、本国のみならずここ日本でも大ヒットとなり、今日の“韓流ブーム”の火付け役となった。その人気作が、監督を務めたユン・ソクホ自らの演出により、ミュージカルとして登場。舞台上でも、テレビ版のテーマ曲“My Memory”をはじめ、ファンにとっておなじみの曲やせりふ、キーアイテムがふんだんに用いられ、“冬ソナ”ワールドが展開される。「記憶の大切さ、思い出の重要さ」というテーマも原作のまま。しかし、新たな登場人物、よりファンタジー色あふれるストーリー、ドラマと違った結末など……舞台版独自の“冬ソナ”を作り出している。さらに、ユン監督の新作テレビドラマ「春のワルツ」の音楽を担当するキム・ヒョンソクが新たな楽曲を書き下ろしており、原作の感動をさらに盛り上げてくれそうだ。韓国の実力派俳優が集結した本公演では、主人公のカップル、チュンサンとユジンをそれぞれダブルキャストで演じる。これに関してユン監督は、「主人公をそれぞれ違う人が演じることで、違ったミュージカルになる。二組とも素晴らしいので、ぜひ観比べて、ふた通りの面白さを味わってほしい」と語った。出演ローテーションは、公演の公式サイトを参照。

ユン・ソクホ(総合演出)
(開幕を目前に)非常に緊張していると同時に、ワクワクしています。日本の多くの方がテレビドラマ「冬のソナタ」を通し、私の感性に共感してくれたことが嬉しかったです。このミュージカルはどうでしょうか? 頑張りましたので、ぜひ楽しんでいただきたいです。
公演データ
【スタッフ】 総合演出=ユン・ソクホ 原作=キム・ウンヒ ユン・ウンギョン 脚本=オ・ウンヒ 演出=イ・ジョンイル 作曲=キム・ヒョンソク
【キャスト】 イム・テギョン/イ・サンヒョン パク・ホンジュ/イム・ガンヒ イ・ピルスン ジニー チン・ボクチャ ヤン・ジュンモ ほか *一部Wキャスト

【東京公演】
2006.10/4(水)〜29(日) 新宿コマ劇場
・チケット発売中
・全席指定S席11,000円/A席7,000円 
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3200-2213

【大阪公演】
2006.11/23(木・祝)〜27(月) 梅田芸術劇場 メインホール
・チケット発売中
・全席指定S席11,000円/A席8,000円/B席5,000円
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-6233-8888