『朧の森に棲む鬼』制作発表 - 2006年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から真木よう子、秋山菜津子、市川染五郎、古田新太
▲左から真木よう子、秋山菜津子、市川染五郎、古田新太
 劇団☆新感線と松竹のコラボレーション“INOUEKABUKI SHOCHIKU-MIX”シリーズの第五弾『朧の森に棲む鬼』の制作発表が行われた。酒呑童子伝説と『リチャード三世』に想を得た中島かずきの新作で、演出はいのうえひでのりが務める。2000年『阿修羅城の瞳』より同シリーズの主演を務め続けている歌舞伎俳優の市川染五郎が、今までのヒーロー像とは打って変わった悪役に挑むのも注目だ。

 出演者は、染五郎とは5年ぶりの共演となる劇団☆新感線の看板俳優・古田新太。ほか、大人計画の阿部サダヲ(会見には出席せず)、『SHIROH』以来の新感線作品となる秋山菜津子、映画を中心に活躍する若手女優・真木よう子ら。主要キャストとスタッフが出席した会見では、新橋演舞場の正月公演、及び大阪松竹座2月公演という節目の演目に向けての意欲が語られた。

 悪役に挑戦する染五郎に関しては「『アオドクロ』で鈴木杏ちゃんをいじめるとところが会心の出来だった。本当に悪いヤツで(観客が)早く死んじまえと思うような2時間半に」(中島)、「あと、飲み屋で人の芝居の悪口を言っていい顔してる」(いのうえ)と、なじみのスタッフならではのコメントで太鼓判(?)が押された。対する染五郎は「記憶にございません」と笑顔でかわし、会場の笑いを誘っていた。主なコメントは以下の通り。
いのうえひでのり(劇団主宰・演出)
今までいのうえ歌舞伎というと、中島君の描くSFチックな伝奇小説みたいなものを、大きな音とチャンバラなど派手な演出で見せていくという印象があると思いますが、2004年『アオドクロ』でやりつくして自分たちの中で一区切りをつけた感じがあります。去年の『吉原御免状』から、大人の芝居というか、人間にスポットをあてた作品にしていきたいという意向がありまして。そういう意味で、今回の『朧〜』は、大人のいのうえ歌舞伎としては初のオリジナル。ワクワクしています。

中島かずき(作)
掛け値なしの悪い男の話をやろうといのうえから話がありまして、2人で話して出てきたイメージが、リチャード三世。そして自分が考えたところで酒呑童子の世界もありまして。『リチャード三世』のストーリーラインやキャラクターを酒呑童子の世界観で描こうと思っています。ただし、今までのように妖怪が出てきたりではなく、もう少しリアルな世界の中でと。ドロドロとした話になってますが、そこが面白いのではないかと。こういった話を新橋演舞場の正月公演でというのも楽しいなと思っています。

市川染五郎 ライ役
『アオドクロ』が僕の中でもお芝居をする上で何か一区切りになった気がして、今回はまた、ゼロからのスタートというつもりで務めたいと思っています。今までヒーロー的な役だったんですが、今回は徹底的な悪役ですし、人間臭く泥臭いキャラクターになればいいなと。『やっぱり染五郎は悪い人だった』と印象づけられるくらい、皆さんの心にインパクトが焼き付くようにしたいと思っています。新橋演舞場のお正月公演というのも、これまでの実績と皆さんのおかげでたどり着いたと思っておりますので、責任感を持ちながら、高いクオリティーの芝居を目指していきたいと思います。

古田新太 マダレ役
大人向けのいのうえ歌舞伎ということで、僕はあえてここは逆行して、こども向けのファンタジー色の強い芝居を……目指すのは勝手ですから。……目指してやっていこうと思います(一同笑)。応援よろしくお願い致します!

秋山菜津子 ツナ役
2005年の『SHIROH』に続いて2回目なのですが、新感線の芝居に呼んでいただいて、とてもうれしく思っています。新橋演舞場のお正月公演ということで、私は新橋演舞場(に出演するの)が初めてなので、とっても楽しみです。染五郎さんについていきます。よろしくお願いします。

真木よう子 シュテン役
新感線にはずっと出たいと思っていたので、今回出させていただいて、大変うれしく思っています。体力にものすごく自信がないのですが、何とかしてついていけたらなと思っています。頑張ります。
公演データ
【スタッフ】 作=中島かずき 演出=いのうえひでのり
【キャスト】 市川染五郎/阿部サダヲ/秋山菜津子/真木よう子/高田聖子/粟根まこと/小須田康人/田山涼成/古田新太 ほか

【東京公演】
2006.12.29(金)・30(土)プレビュー公演
2006.12.31(日)カウントダウン公演
2007.1/2(火)〜27(日) 新橋演舞場
・10/29(日)前売開始
・全席指定1等席12,600円/2等席7,500円/3階席A6,300円/3階席B3,500円
 *プレビュー公演、カウントダウン公演は料金が異なる
・お問い合わせ=新橋演舞場 TEL.03-3541-2600

【大阪公演】
2007.2.3(土)―25(日) 大阪松竹座
・12/3(日)前売開始
・全席指定1等席12,600円/2等席7,500円/3階席5,500円
・お問い合わせ=大阪松竹座 TEL.06-6214-2211