テレビドラマ「大奥」が来年10月に舞台化 - 2006年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 フジテレビで過去3度に渡って放映された時代劇「大奥」が、来年10月、明治座で舞台化されることが分かった。「大奥」は、将軍の妻たちが住む男子禁制の場を中心に繰り広げられる、愛憎渦巻く人間模様を描いた人気シリーズ。03年、04年、05年に放送され、それぞれ幕末、3代将軍・家光の時代、5代将軍・綱吉の元禄時代を舞台に、時には激しい修羅場も描かれ、好評を博した。すでに12月には仲間由紀恵主演の映画版も公開が予定されている。

 舞台版は、第1シリーズの設定を借りる。大奥総取締・瀧山役の浅野ゆう子をはじめ、皇女和宮役に安達祐実、奥女中の初島役に木村多江と、テレビドラマからの続投組も多い。テレビドラマ「黒革の手帖」主演の米倉涼子を、初舞台ながら起用して舞台化した明治座ならではの新作。豪華絢爛な着物衣装も含めて大きな注目を集めそうだ。