ブロードウェイ・ミュージカル『RENT』来日公演迫る - 2006年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左からジョエル・バミューデス、アリアンダ・フェルネンデス、ゲイヴィン・レイン、ジェド・レスニック

▲左からジョエル・バミューデス、アリアンダ・フェルネンデス、ゲイヴィン・レイン、ジェド・レスニック
 96年にNYの小劇場で初演され、2カ月後にはブロードウェイに進出したミュージカル『RENT』。作者のジョナサン・ラーソンが公演初日に35歳の若さで急逝するという不幸に見舞われながら、その年のトニー賞4部門に輝き、現在も、ロングラン上演中のブロードウェイをはじめ世界各地で支持を集めているメガ・ヒット作だ。作品誕生から10周年を迎えた本作が、2000年、03年に続き、いよいよ16日から東京厚生年金会館で3度目の来日公演の幕を開ける。
 同性愛、ドラッグ、エイズ――90年代のニューヨークに生きる若者たちの赤裸裸な青春をつづる『RENT』では、死と隣り合わせの生き方だからこそ欠けがえのない夢、愛、友情が、ラーソン作詞作曲の、ポップスのように親しみやすいナンバーに乗せて描かれる。

 来日公演を前に開かれたイベントでは、今回の15名のキャストを代表して、ジェド・レスニック(マーク役)、ゲイヴィン・レイン(ロジャー役)、ジョエル・バミューデス(エンジェル役)、アリアンダ・フェルネンデス(ミミ役)の4名が劇中歌「Another Day」を披露。また、 女子高生ゴスペル・グループ「トイティーンズ」とのセッションで、シングルカットもされた「Seasons of Love」を熱唱し、改めて名曲ぶりを印象づけた。

 今回のキャストには、『RENT』を観たことがきっかけで俳優を志すようになった人もいるという。俳優、観客ともに愛され続ける名作『RENT』。今年公開された映画版で作品に触れた人も多いはず。この機会に、生の舞台もぜひ。
公演データ
【スタッフ】 脚本・作詞・作曲=ジョナサン・ラーソン
【キャスト】 出演=ジェド・レスニック/ゲイヴィン・レイン/ジョエル・バミューデス/アリアンダ・フェルネンデス ほか

【東京公演】
2006.11/16(木)〜 25(土) 東京厚生年金会館
・チケット発売中
・全席指定S席11,000円/A席9,500円/B席8,000円、ブレイクスルーシート6,000円(当日抽選販売)
・お問い合わせ=チケットスペース TEL.03-3234-9999、キョードー東京 TEL.03-3498-6666、ディスクガレージ TEL.03-5436-9600

【愛知公演】
2006.11/28(火)・29(水) 愛知勤労会館
・チケット発売中
・全席指定S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=中京テレビ事業 TEL.052-957-3333、キョードー東海 TEL.052-972-7466

【大阪公演】
2006.12/1(金)・2(土) 厚生年金会館大ホール
・チケット発売中
・全席指定S席11,500円/A席9,500円/B席7,500円/C席5,500
・お問い合わせ=キョードー大阪 TEL.06-6233-8888