北九州芸術劇場Produce『地獄八景‥浮世百景』記者会見 - 2006年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から市川笑也、松尾貴史、高橋由美子、桂吉弥

▲左から市川笑也、松尾貴史、高橋由美子、桂吉弥
 これまでに音楽劇『ファウスト』、『ルル〜破滅の微笑』といった作品を生み出している北九州芸術劇場のプロデュース・シリーズ。来年2月、米朝落語の世界にAGAPE storeのG2&松尾貴史が挑む。

 上方落語の重鎮で人間国宝・桂米朝の人気演目『地獄八景亡者戯』。あの世に逝った男と仲間たちが、明るく賑やかに冥土の旅へと繰り出す奇想天外な物語を、AGAPE storeのG2&松尾貴史が舞台化する。脚本家・東野ひろあきとタッグを組み、すでに02年には設定を現代に置き換えて同作の舞台化を試みている二人だが、今回の舞台は落語の話に沿った江戸時代。さらに『たちきれ線香』ほか、数十本におよぶ上方落語の話を織り込んで、一大スペクタクル『地獄八景‥浮世百景』に仕立てる。

 会見には、東野ひろあき(脚本)&G2(演出)らスタッフ陣と、佐藤アツヒロ、高橋由美子、市川笑也、桂吉弥、松尾貴史ら魅力的なキャスト陣が顔をそろえた。各人のコメントは以下の通り。
佐藤アツヒロ
台本を読んだ時、若旦那役はすごく僕っぽい!と思ったんです。G2さんとは何年も前から一緒にやりたいと言っていて、今回ようやく叶いました。全編関西弁というのも楽しみですし、落語も最近気になっているので、これを機に勉強したいと思います。

高橋由美子
佐藤君とは高校の同級生でよく遊んでいますが、仕事で共演するのは初めてで、なんだか恥ずかしい気がしますね(笑)。チャンバラのない時代劇も初めてなので、楽しみです。

市川笑也
G2さん、東野さんと同年代なので、オヤジギャグをばんばん飛ばして頑張ります。今のところ7役演じる予定ですが、自分の引き出しをいっぱい開けて頑張りたいです。

桂吉弥
“落語でどうやるの?”と聞かれたら答えられるように練習しないと。米朝師匠だけでなく、大阪の落語家さんたちもみんな楽しみにしてくれていますし、これだけすごい人たちがみんなで“落語、落語”と言って下さっているのが、落語家としてとてもうれしいです!

松尾貴史
ストレスにはいいものもあるそうで、いいストレスをかけあってみんなの財産になる作品にしたいですね。前回の『地獄八景〜』では米朝師匠に「ようこんなしんどいことやったな」と言われたんです。今回も、いい意味で師匠の鼻を明かしたいと思っています。

G2(演出)
前回、AGAPEでやった『地獄八景亡者戯』を米朝師匠が観に来てくださって、大変喜んでくださった。今回も上方落語の勢いの良さを大事にした舞台にしたいです。物語は、『たちきれ線香』がある種、話のキモになっています。冒頭で出会った(佐藤演じる)若旦那と(高橋演じる)小糸が最後までずーっと互いを一途に思いつつも出会えないんですね。その思いの強さ、情熱を演劇の力で引き出していきたいです。

東野ひろあき(脚本)
G2と(井上ひさし作・蜷川幸雄演出の)『天保十二年のシェイクスピア』を観に行った時、「あんな感じで」と言われまして、今回はそんなふうにできています(笑)。数十本の上方落語が入っていますが、落語を知らない人でもオリジナルとして楽しめる作品になっていると思います。
公演データ
【スタッフ】 監修=桂米朝 脚本=東野ひろあき 演出=G2
【キャスト】 佐藤アツヒロ/高橋由美子/山内圭哉/松永玲子/小松利昌/出口結美子/桂吉坊/市川笑也/桂吉弥(12日〜)/升毅/松尾貴史

【東京公演】
2007.2/9(金)〜18(日) 世田谷パブリックシアター
・12/2(土)前売開始
・全席指定S席6,300円/A席4,800円、プレビュー公演(9・10日)4,500円
・お問い合わせ=ジーツープロデュース TEL.03-5738-0637、世田谷パブリックシアター TEL.03-5432-1526

【大阪公演】
2007.2/23(金)〜25(日) シアターBRAVA!
・12/2(土)前売開始
・全席指定S席7,000円、学生3,500円(要学生証) 
・お問い合わせ=ジーツープロデュース TEL.03-5738-0637、シアターBRAVA! TEL.06-6946-2260

【福岡公演】
2007.3/1(木)〜4(日) 北九州芸術劇場 中劇場
・12/2(土)前売開始
・全席指定6,000円/当日6,500円
・お問い合わせ=ジーツープロデュース TEL.03-5738-0637、北九州芸術劇場 芸術文化情報センター TEL.093-562-2655