横浜「急な坂スタジオ」でカフェ・スタイルのトークイベントを開催 - 2006年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 舞台芸術を中心とした創造活動の拠点として、10月23日に横浜市にオープンしたばかりの「急な坂スタジオ」が、毎月1回、「ドリンクを片手に、アートと社会、日本と世界を語り合う」というコンセプトの「マンスリーアートカフェ」をスタートする。

 第1回は12月18日に開催。ゲストには、同スタジオのレジデント・アーティストでもあり、現在上演中の『エンジョイ』で新国立劇場に初登場するなど注目を集めるチェルフィッチュの岡田利規と、若手アーティストの発掘に定評があるベルギーのアート・フェスティバル「クンステン・フェスティバル」のディレクター、クリストフ・スラフマイルダーを迎える。岸田國士戯曲賞を受賞した岡田の代表作『三月の5日間』が、次回のフェスティバルの招待作品として選ばれたこともあり、実現した顔合わせ。口語を追究したせりふとユニークな身ぶりを融合させて現代日本の若者たちの姿を描く岡田作品を、海外の目はどう見ているのか、翻訳は可能なのか、など国際的なテーマの対話となりそうだ。

 入場料は1,000円で1ドリンク付き。カフェは19時オープンで、19時30分からトーク開始となる。入場には事前に申し込みが必要。予約はスタジオ公式サイトで受付中(定員になり次第締切)。