第41回紀伊國屋演劇賞決まる 団体賞はシス・カンパニー - 2006年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 紀伊國屋書店が主催する演劇賞として、今年で41回目を迎える紀伊國屋演劇賞が20日に発表された。団体賞には、SMAPの草なぎ剛が出演したことでも注目を集めた『父帰る』『屋上の狂人』、人気劇作・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチが演出した翻訳劇『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』、小劇場出身の劇作・演出家、青木豪を起用した『獏のゆりかご』と、次々に話題作をプロデュースしたシス・カンパニーが選ばれた。個人賞は俳優の鈴木瑞穂や宮沢りえら5名が受賞。各受賞者には賞状と、団体賞200万円、個人賞50万円の賞金が贈られる。

 受賞者一覧は以下のとおり。
各部門の授賞者・団体
■団体賞
シス・カンパニー=『父帰る』『屋上の狂人』『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』『獏のゆりかご』の優れた舞台成果に対して
■個人賞
鈴木瑞穂=俳優座劇場プロデュース公演『女相続人 THE HEIRESS』におけるオースティン・スロウパー、『夜の来訪者』における倉持幸之助の演技に対して
たかお鷹=文学座公演『ゆれる車の音 九州テキ屋旅日記』における上原丈太郎、ホリプロ/天王洲銀河劇場主催『錦鯉』における坂口九州男の演技に対して
鈴木聡=ラッパ屋公演『あしたのニュース』の脚本・演出、グループる・ばる公演『八百屋のお告げ』の戯曲に対して
島田歌穂=地人会『飢餓海峡』における杉戸八重の演技に対して
宮沢りえ=野田地図(NODA・MAP)公演『ロープ』におけるタマシイの演技に対して

■審査員
村井健/小田島雄志/大笹吉雄/長谷部浩/松原治