本谷有希子が第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞 - 2007年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 前年に上演された日本語による新作戯曲を対象とした鶴屋南北戯曲賞(主催=財団法人光文シエラザード文化財団)の第10回受賞作が発表され、16日の選考の結果、同賞最年少となる本谷有希子の『遭難、』が選ばれた。過去の受賞者は永井愛、野田秀樹、三谷幸喜、マキノノゾミ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、井上ひさし、唐十郎、坂手洋二、斎藤憐。贈呈式は3月14日に東京會舘で催され、正賞のシエラザード像と副賞の200万円が贈られる。