丸美屋食品ミュージカル『アニー』制作発表 - 2007年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/後列左から太田彩乃、本間憲一、杏子、目黒祐樹、岩崎良美、前列左から伊藤有紗、栗原沙也加

▲後列左から太田彩乃、本間憲一、杏子、目黒祐樹、岩崎良美、前列左から伊藤有紗、栗原沙也加
 86年の初演以来、毎年好評を博しているファミリー・ミュージカル『アニー』が、今年も青山劇場に登場する。アニー役を始め28人の子役と“大人キャスト”が一同に顔をそろえ、にぎやかな会見となった。
 今年22年目を迎えるミュージカル『アニー』。9000人のオーディションから選抜された07年のアニーは、95年生まれの栗原沙也加と96年生まれの伊藤有紗(Wキャスト)。孤児院の仲間やタップキッズを26名の子供たちが演じる。また、アニーを引き取る大富豪のウォーバックス役は昨年からの続投となる目黒祐樹、孤児院の院長ミス・ハニガン役を初出演の杏子、ウォーバックスの秘書グレース役を6年目の岩崎良美、欲に目がくらんでアニーの親だと名乗り出るルースター役を4年目の本間憲一、リリー役を94年に子役で出演している太田彩乃がそれぞれ演じる。初参加の杏子がロック出身であることを受けて、「今年のアニーはロック魂でがんばります(笑)」と一致団結(?)、会場は笑いに包まれた。

 舞台は大恐慌に見舞われた33年のNY。いつか両親が迎えに来てくれると信じている少女アニーは、大富豪のウォーバックスに引き取られても、まだ両親のことを思い続けている。そんな健気なアニーの姿に心を奪われたウォーバックスは、懸賞金をかけてアニーの親探しを始めるが……。
公演データ
2007.4/21(土)〜 5/6(日) 青山劇場

【スタッフ】 脚本=トーマス・ミーハン 作曲=チャールズ・ストラウス 作詞=マーティン・チャーニン 演出=ジョエル・ビショッフ 振付=ボビー吉野 タップ振付=藤井満梨子
【キャスト】 伊藤有紗・栗原沙也加(Wキャスト)/目黒祐樹/杏子/岩崎良美/本間憲一/太田彩乃 ほか

・1/26(金)前売開始
・全席指定S席8,000円/A席6,000円
・お問い合わせ=アニー事務所 TEL.03-6215-0404、キョードー東京 TEL.03-3498-9999