熱海五郎一座『狼少女伝説「TOH!!」』記者会見 - 2007年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から、春風亭昇太、渡辺正行、三宅裕司、南原清隆、ラサール石井、小倉久寛

▲左から春風亭昇太、渡辺正行、三宅裕司、南原清隆、ラサール石井、小倉久寛
写真/演出中の三宅 写真/渡辺、南原、二人の漫才シーンも!

▲演出中の三宅

▲渡辺、南原、二人の漫才シーンも!
 三宅裕司が東京の笑い“軽演劇”を上演すべく、強者の芸人・役者を集めて喜劇に挑むシリーズの新作が、またまた登場! 構成・演出の三宅、昨年に続いての参入となる渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、そして新加入の南原清隆らの、東京の笑いを背負う最強&最大&最笑のオールスターがズラッと並び、爆笑記者会見と公開舞台稽古が行われた。(※東貴博は欠席)

 今回の話の舞台はテレビ局。ジャングルで発見された一人の狼少女をめぐって二つのテレビ局が視聴率をかけ熾烈な戦いを繰り広げるというストーリーだ。最近のニュースを反映したシリアスな部分も含みつつも、そこは熱海五郎一座。「ミュージカルと銘打った昨年よりも、むしろ今年の方が歌や踊りがあるかもしれない(笑)」(三宅)と中身もちょっぴり明かされ、全篇、にぎやかな笑いを織り交ぜた舞台になるに違いない!
三宅裕司
ギャグ(を生かす)には緊張したシチュエ−ションが一番。前回は任侠の世界で、今回はテレビ業界を描きます。報道問題など、期せずしてタイムリーな内容になりました。これまでと比べて特に“新しいこと”というのはないのですが、笑いに関してはあらゆる手段で最初から最後までとにかく笑わせます!

春風亭昇太
今回は言語学者の役をやります。難しいせりふがいっぱい出てくるのですが、苦手な分野なので……それを見てみんなで笑ってやろうという魂胆だと思います(笑)。

渡辺正行
ヨイショのうまい放送作家の役をやります。頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

南原清隆
前から声をかけていただいていた夢のような舞台です。僕は狼少女を見つけた冒険家を演じます。そこそこ頑張ります!

ラサール石井
プロデューサ−「イノマタネツゾウ」役です。川口探検隊のプロデューサーをやっていた人間が友達なので、そのあたりのネタも盛り込むかもしれません!

小倉久寛
対立するテレビのプロデューサー「ヤラセハッカク」役です。勉強するつもりで頑張ります。
公演データ
2007.5/18(金)〜6/3(日) 天王洲 銀河劇場

【スタッフ】 作=妹尾匡夫 構成・演出・出演=三宅裕司
【キャスト】 渡辺正行/ラサール石井/小倉久寛/春風亭昇太/東貴博/南原清隆/関根あすか/白土直子/丸山優子

・チケット発売中
・全席指定7,000円
・お問い合わせ=アタリ・パフォーマンス TEL.03-5572-7571