TOURSミュージカル『赤毛のアン』制作発表会見 - 2007年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/写真左から良知真次、島谷ひとみ、鈴木喬(エステー化学株式会社会長)、河野由佳

▲写真左から良知真次、島谷ひとみ、鈴木喬(エステー化学株式会社会長)、河野由佳
 毎年、大人から子供まで幅広く親しまれている世界の名作を舞台化し、チケットプレゼントを含めて完全招待制というユニークな公演スタイルで好評を博している、エステー化学主催のオリジナル・ミュージカルが今夏も登場。03年の初演以来、再演を重ねている人気作『赤毛のアン』の新キャストらが集い、都内で制作発表会が行われた。
 児童文学の傑作として知られるモンゴメリ作の「赤毛のアン」。孤児院からもらわれ、養母マリラのもとで生活することになった空想好きで希望を忘れずに生きる少女・アンの成長を描いた同作は、世界中で共感を呼び、今も読み継がれている。そのミュージカル版も03年以来再演を重ね、アン役もいよいよ3代目。今回は、単独でのミュージカル主演は初となる人気シンガーの島谷ひとみがアン役に抜擢された。04年の『スター誕生』以来となる舞台出演でしかも主役。やや緊張した様子で会見のあいさつに臨んだ島谷だったが、アンのシンボルである麦わら帽子を、公演主催のエステー化学株式会社・鈴木喬会長から手渡されると、アンを演じるという実感がいっそう湧いたようで、拍手の中、笑顔がこぼれた。

 さらにこの日、ビデオメッセージを寄せた養母マリラ役の安奈淳から「CDを聞ききましたが、はじけるような若さと明るさがアンにぴったり!」とその歌声に太鼓判をもらった島谷。この日初顔合わせとなったミュージカルの経験も豊富な親友ダイアナ役の河野由佳や、初恋の相手・ギルバート役の良知真次とも打ち解けた様子で、「キラキラと輝かしいルーアンでの人生を演じるのが楽しみ」と赤毛の少女を演じられる喜びをにじませていた。

 今年の夏休みに合わせて全国8都市をめぐる本作。各公演ではオーディションで選ばれた地元出身のキャストも共演する。観覧チケット・プレゼントの応募は、6月30日(土)までハガキ(当日消印有効)またはインターネットで受付。応募方法の詳細は公式サイトを参照。
公演データ
【スタッフ】 原作=モンゴメリ 演出・振付=田村連 作曲・音楽監督=山口ひで也
【キャスト】 島谷ひとみ/安奈淳/河野由佳/良知真次/大和田りつこ ほか

・招待制(チケットプレゼント) *申込み方法は公式サイトを参照
・お問い合わせ=観覧チケットプレゼントキャンペーン事務局 TEL.0120-266-706

*ツアー日程は以下のとおり。8/18(土)北海道・札幌市教育文化会館、20(月)宮城県民会館、21(火)埼玉・大宮ソニックシティ、22(水)・23(木)メルパルク東京、25(土)愛知・名古屋市民会館、26(日)福岡市民会館、27(月)広島厚生年金会館、28(火)メルパルク大阪