春の褒章受章者に劇作・演出家のつかこうへい氏 - 2007年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 平成19年(2007年)度の春の褒章受章者が、4月29日付で発表された。今回、学術・芸術・スポーツ分野の功労者に与えられる紫綬褒章の受章者は29名。演劇関係では、『熱海殺人事件』や『蒲田行進曲』などの作品で70年代から80年代にかけての小劇場演劇をリードし、現在、東京都・北区を拠点に活動している「北区つかこうへい劇団」で後進の育成にも力を注いでいる劇作・演出家のつかこうへい氏が受章。その他、歌舞伎俳優の市川團十郎や俳優の北大路欣也、市村正親らが選ばれた。