MUSICAL『ザ・ヒットパレード〜ショウと私を愛した夫〜』製作発表 - 2007年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/前列左から瀬戸カトリーヌ、堀内敬子、原田泰造、戸田恵子、升毅、和田正人、杉崎真宏、後列はRAG FAIR

▲前列左から瀬戸カトリーヌ、堀内敬子、原田泰造、戸田恵子、升毅、和田正人、杉崎真宏、後列はRAG FAIR
写真/原田(左)と戸田 写真/名曲メドレーを披露するRAG FAIR

▲原田(左)と戸田

▲名曲メドレーを披露するRAG FAIR
 「日本の芸能界を創った男」と言われる渡辺プロダクションの創業者・渡辺晋と妻・美佐の一代記が、昨年5月に放送されたテレビドラマに続いて、7月にミュージカルとして上演されることになった。都内で行われた制作発表会は、夫婦役を務める原田泰造と戸田恵子らキャスト陣、脚本を手がける鈴木聡、演出の山田和也、音楽の宮川彬良、そして創業者夫婦の娘でワタナベエンターテインメントの代表取締役社長でもある渡辺ミキが顔をそろえ、趣向を凝らしたにぎやかなものとなった。

 ザ・ピーナッツ、クレイジー・キャッツ、タイガース、ドリフターズ、キャンディーズなどなど、昭和30年代から次々と人気グループやスターを輩出し、テレビの登場とともに広がった大衆文化をリードした渡辺プロダクション。今でこそ“華やか”と形容される「芸能界」を、日本人の心を豊かにするものと信じて、ゼロから築き上げた渡辺晋の心血を注いだ奔走ぶりは、昨年5月に放送されたテレビドラマを通して話題となった。ミュージカル版では、仕事上のパートナーでもあり、よきライバルでもあった妻・美佐との“二人三脚”にスポットを当て、二人が初めてプロデュースしたザ・ピーナッツの誕生から引退までを絡めながら描くという。劇中歌には大手芸能プロダクションならではの趣向で、大衆の心を掴んださまざまな歌手、グループのヒット曲をふんだんに盛り込むという。往年のファンにはたまらないだろう。どの曲も一度聞いたら忘れられない名曲ばかりなので、当時を知らない人にも十分楽しめるに違いない。

 この日、会見に参加した「RAG FAIR」のめんめんが、使用予定の40曲以上にのぼる劇中歌の中から、「“ヒットパレード”テーマ」「スーダラ節」「ブルー・シャトウ」「『太陽にほえろ!』オープニング曲」「勝手にしやがれ」「春一番」をアレンジして、アカペラで披露。ワンフレーズが出てきただけでも耳なじみを覚える曲の数々と、きれいなアカペラのハーモニーに、会場も大いに湧いていた。

 主なキャスト・スタッフらのコメントは以下のとおり。
原田泰造 渡辺晋役
(かなり強ばった笑顔で)ミュージカルは初出演になりますが、何の不安もございません!! ……プレッシャーすんごいかかってます(一同爆笑)。今、歌とダンスと“笑顔”を猛レッスンしてるんですよ。戸田さんからは「大丈夫、歌って踊ればいいんだから」というアドバイス(?)をいただきました(笑)。

戸田恵子 渡辺美佐役
ネプチューンがテレビに出始めたころに、会ったこともないのに原田さんが私の夢に出てきて……。それが……(照れながら)すごく淫媚な夢なんですよ(そのコメント受けて原田は「俺、それを告白された日に興奮して寝れなくて!」と会見でもやや興奮気味)。想像上ではもう夫婦ですね(笑)。初めての方と仕事をするのは本当に楽しみ。出会いを大切に、楽しんで演じられれば。

鈴木聡(脚本)
渡辺プロダクションは“心の故郷”。(クレイジー・キャッツが出演していた)「シャボン玉ホリデー」には笑いの中にシャレっ気もあって、とても影響を受けました。だから、この話がきた時には「ぜひやらせてほしい」と快諾しました。日本のエンターテインメント・スピリッツに焦点を当てて、歌の力だけではない、完成度の高いミュージカルを目指します。

山田和也(演出)
子供のころ「ひっぱれー、ひっぱれー」と、「ヒットパレード」という言葉だとは知らず番組のテーマ曲を歌っていましたね。今回の舞台は、ドキュメンタリーにならないように作りたい。実名の登場人物は出てくるが、あくまでもフィクションとしてエンターテインメントであることを心がけたいと思っています。

宮川彬良(音楽)
(渡辺)ミキさんとは幼なじみなんです。これまでも仕事のオファーはもらっていたけど、彼女と一緒にやるのはもっと違う仕事だと思っていました。今回の話が来て、ようやく「その時がきた」と。並々ならぬ意欲が湧いています。舞台上に10名のバンドを率いて、僕はピアノを弾きながら指揮をする予定です。

渡辺ミキ(エクゼクティブ・プロデューサー)
「芸能の力で日本を元気した時代」が込められた舞台です。初日をぜひ植木等さんに観ていただきたかった。改めてエンターテインメントを通して、日本を、そして世界を笑顔にしたいという想いを強くしています。
公演データ
2007.7/10(火)〜31(火) ル テアトル銀座

【スタッフ】 脚本=鈴木聡 演出=山田和也 音楽=宮川彬良
【キャスト】 原田泰造/戸田恵子/堀内敬子/瀬戸カトリーヌ/北村岳子/杉崎真宏/和田正人/升毅/RAG FAIR ほか

・チケット発売中
・全席指定S席10,000円/A席8,000円/ボックス席(ペア)20,000円
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337