花組の春野寿美礼が主演男役の座にピリオド - 2007年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 宝塚歌劇団の5組の中で、現在、主演男役として最も長いキャリアを持つ花組の春野寿美礼が、12月24日の東京公演千秋楽をもって、退団することが分かった。02年に主演男役としてのデビューを果たした春野。本日行われた会見では、「主演男役に就任した際に決めていたのが、5年間という区切り。芸を深め、組の人たちやファンの人たちとのきずなを深めるのに必要な期間だと思いました。その5年という年月が過ぎ、身も心も十分満たされている自分がいて、卒業する時期ではないかと決断をしました」と退団の理由を語った。退団後の活動は未定。サヨナラ公演は『アデュー・マルセイユ』『ラブ・シンフォニー』(9/21〜10/29 宝塚大劇場、11/16〜12/24 東京宝塚劇場)となる。