シアターコクーン・オンレパートリー2007『ドラクルGODFEARINGDRACUL』製作発表 - 2007年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/前列左から山崎一、長塚圭史、市川海老蔵、宮沢りえ、永作博美、渡辺哲、上段左から明星真由美、山本亨、手塚とおる、市川しんぺー、中山祐一朗

▲前列左から山崎一、長塚圭史、市川海老蔵、宮沢りえ、永作博美、渡辺哲、上段左から明星真由美、山本亨、手塚とおる、市川しんぺー、中山祐一朗
 阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史が、32歳の若さでシアターコクーンに劇作&演出デビューする! 主演を務めるのは、パリ・オペラ座公演での活躍が記憶に新しい、歌舞伎界のホープ・市川海老蔵だ。

 舞台は18世紀のフランス西部。ある一組の夫婦、レイ(市川海老蔵)とリリス(宮沢りえ)は森の奥の小さな屋敷で、信心深くひっそりと暮らしていた。そこに妻の前夫が領主を務める国から、一人の使者がやってくる。彼はリリスに、「自分の村を救ってほしい」と依頼するが……。
長塚圭史(作・演出)
おととし海老蔵君と初めて会って、ぜひ一緒に何かやろうということになりました。そこから何度か話し合っている中で偶然ドラキュラが二人の頭に浮かびまして。海老蔵君は、いい意味で自由というか(笑)、非常にやんちゃな感じの青年なのですが、だからこそ、今回は苦悩するドラキュラ役をやってもらいたいと思っています。

市川海老蔵
ドラキュラは直感で、思いつきました。(日本以外の舞台設定に)抵抗はまったくありません。むしろ、今はいろいろやらないといけないなと思っています。普通人間の寿命は80年くらいですが、300年くらい人生があったら人生観が変わるのかなとか、死なない人って何を考えているんだろうとか、役作りしているところです。

宮沢りえ
お芝居を見るのが大好きなので、今回オファーをいただいた時は即答しました! 演劇ファンとしては、この顔ぶれでわくわくしないわけがありません。演劇の世界ではよちよち歩きの私ですが、毎日喜びを感じながら頑張りたいです。

永作博美
魅力的なキャストに感激しています。私も出演する側ではあるのですが、この作品の最終形がどうなるのか本当に楽しみです。

渡辺哲
本当に個性的な俳優さんばかりで(笑)。本を読んで、私はきっと血を吸われる役だろうと思ったので、今体重を増やしているところです(笑)。

山崎一
長塚君は彼が20代のころから知っていて、彼の作品に出演したこともあります。その彼がシアターコクーンでやるというのは感慨深いですね。

手塚とおる
このキャスト、演出家と一緒にできるのが楽しみです。ただ夏なので、身体を壊さないように気をつけたいですね。

山本亨
以前長塚君の作品に出ていますが、彼は若いのにとにかく稽古がしつこいです(笑)。その分、お客さんに与える感動が多いのだと思うので、がんばります。

市川しんぺー
長塚君を演出家として信頼しているので、今回のオファーにも即答しました。海老蔵さんが主演なのでてっきり時代劇だと思っていたら、違ったんですね(笑)。

明星真由美
素がヴァンパイアのような(笑)、すごい方たちに囲まれてドキドキしています。頑張ります。

中山祐一朗
このようなメンバーとやれるのが本当に楽しみです。全うしたいです。

勝村政信(会見は欠席、コメント代読)
会見も欠席したので、本番もこのまま……と一瞬思いましたが、以前“エビゾー”君と九州で飲んだ時に「お芝居、がんばりましょう」と約束してしまったので、がんばります。
公演データ
2007.9/1(土)〜26(水) Bunkamuraシアターコクーン

【スタッフ】 作・演出=長塚圭史
【キャスト】 市川海老蔵/宮沢りえ/永作博美/渡辺哲/山崎一/手塚とおる/山本亨/市川しんぺー/明星真由美/中山祐一朗/勝村政信

・7/8(日)前売開始
・全席指定S席11,000円/A席9,000円/B席7,500円/コクーンシート5,000円
・お問い合わせ=Bunkamura TEL.03-3477-3244