劇作家・演出家の太田省吾さん死去 - 2007年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 能舞台を使った『小町風伝』や、せりふを排した沈黙劇などの前衛的な作品で海外でも高い評価を受けた、劇作家・演出家の太田省吾さんが、13日午後、肺がんのため、都内の病院で亡くなった。享年67。葬儀は行わず、後日「お別れの会」を開催する予定。

 おおた・しょうご 中国の湖南市に生まれる。学習院高等学校時代に戯曲を書き始め、学習院大中退後の68年に、程島武夫、品川徹らと劇団「転形劇場」を創立。70年から主宰を務め、沈黙を重視する実験的な舞台作りで注目を集めた。77年初演の『小町風伝』で第22回岸田國士戯曲賞を受賞。舞台中央の水場に立ち寄っては去っていく人びとの姿をせりふを一切使わずに描いた81年初演の『水の駅』は、世界24都市を巡演する代表作となり、その後の『地の駅』『風の駅』と合わせて「沈黙劇三部作」と呼ばれた。88年の劇団解散後は、神奈川県藤沢市の湘南台文化センター市民シアターの芸術監督を務め、『更地』『砂の駅』などの自作も上演。近畿大学教授、京都造形芸術大学・映像舞台芸術学科教授なども歴任した。戯曲集のほかに、演劇論集「飛翔と懸垂」「裸形の劇場」「劇の希望」、エッセイ集「舞台の水」などの著書がある。