第7回朝日舞台芸術賞、中間選考会の結果発表 - 2007年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 朝日新聞社主催の第7回朝日舞台芸術賞の中間選考会が、6日に同社で行われ、25日付の同紙朝刊で選考の結果が発表された。見出しに「人間模様、深く華麗に」と掲げられた紙面では、三谷幸喜作・演出の『コンフィダント・絆』や、昨年ロンドンで初演された野田秀樹初の英語戯曲を日本人キャストで上演したNODA・MAP『THE BEE』、Kバレエカンパニー『海賊』などが、写真入りで紹介され、グランプリ候補作として高い評価をうかがわせた。

 今回は、全国の関係者からの推薦アンケートの結果を参考に、今年の上期(1月〜6月)に上演された舞台から、各賞の候補作を選出。12月の選考会で選ばれる下期(7〜12月)の候補作と合わせて、最終的な受賞作などが決まる。各賞の候補者・団体、候補作品は以下のとおり。
各賞の候補者・団体、候補作品
■グランプリ 年間のベストステージ
パルコ『コンフィダント・絆』
新国立劇場『CLEANSKINS/きれいな肌』
NODA・MAP『THE BEE』
世田谷パブリックシアター『国盗人』
フジテレビ・ホリプロ『スウィーニー・トッド』
Kバレエカンパニー『海賊』
■舞台芸術賞 優れた成果を上げた個人・団体
松たか子=『ひばり』での演技
別役実=『やってきたゴドー』『犬が西むきゃ尾は東』の戯曲
川口敦子=『リビエールの夏の祭り』での演技
木場勝己=『氷屋来る』『紙屋町さくらホテル』での演技
白井晃=『ヒステリア』での演技と演出
蓬莱竜太=『回転する夜』の戯曲と演出
松井るみ=『ヒステリア』『国盗人』の美術
大島早紀子=『Drop Dead Chaos』の振付・演出など
酒井はな=『オルフェオとエウリディーチェ』『コンタクト』での演技
平山素子=『Life Casting―型取られる生命―』での演技と振付
吉田都=『海賊』での演技
■寺山修司賞 清新な活躍を見せた個人・団体
北村有起哉=『CLEANSKINS/きれいな肌』『私はだれでしょう』での演技
服部有吉=『ラプソディ・イン・ブルー』での演技と振付
■秋元松代賞 娯楽性と芸術性を兼ね備えた演劇成果を見せた個人・団体
鈴木聡=『妻の家族』『魔法の万年筆』の戯曲
中島淳彦=『宝塚BOYS』などの戯曲