地球ゴージャス『ささやき色のあの日たち』公開舞台稽古 - 2007年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から北村一輝、山口紗弥加、岸谷五朗、須藤理彩
▲左から北村一輝、山口紗弥加、岸谷五朗、須藤理彩
写真/髪を振り乱しシャウトする山口 写真/会見より。左から山口、北村、岸谷、須藤

▲髪を振り乱しシャウトする山口

▲会見より。左から山口、北村、岸谷、須藤
 岸谷五朗と寺脇康文の企画ユニット「地球ゴージャス」が7年ぶりのシアターコクーン公演に挑む。最新作は、前作『HUMANITY』から一転、岸谷単独で脚本と演出を手がけ、地球ゴージャス初参加となる北村一輝、山口紗弥加、須藤理彩らを迎えた少数精鋭で繰り広げる“大人のためのファンタジー”。初日前日の4日に、囲み取材と公開舞台稽古が行われた。

 何かに導かれるように出会った二人の男(岸谷・北村)が、どちらからともなく、これまでの互いの人生を語り始める。次第に二人の過去は交錯し、意外な共通点が明らかになるのだが……。

 幻想的な雰囲気が漂う舞台上では、岸谷と北村の軽妙なやりとりを中心に物語が進んでいく。そこに二人の過去に深く関わる女性を演じる山口や須藤らの多彩で大胆な歌やダンスが絡みあい、物語全体を盛り上げる。さらにはコンサートのようなライブ感覚を覚えるほどの、生ロック・バンドによる演奏シーンも登場。これぞ「地球ゴージャス」といった音楽にこだわった作りになっている。

 普段見落としがちな、身近にいる人の大切さや一度きりの人生のかけがえのなさに改めて気付かされる舞台だった。東京公演は26日まで。大阪・新潟・愛知公演もあり。

 会見では、稽古中のそれぞれの印象を笑いを交えて話すなどチームワークの良さをうかがわせた。主なキャストのコメントは以下の通り。
岸谷五朗
良い俳優陣に集まってもらえました。全員が強い個性を持っているので、それが歌やダンスに反映されてくるんですよ。今回はただ楽しませるだけじゃなくて、お客さん自身の人生を振りかえってもらうような、「地球ゴージャス」としては少し変わったエンターテインメント作品になっていると思います。

北村一輝
前作『HUMANITY』の鑑賞後、楽屋で「地球ゴージャス」に出たいと言ったんです。まさか次の作品で出演できるとは(笑)。とても嬉しいです。稽古で自分が感じている一番良い状態をお客さんに向けても出すことができればいいなと思っています。

山口紗弥加
今回演じるのが“ロックな女性”という激しい役なので、稽古で側転までできるようになったんですよ(笑)。北村さんと見つめ合って歌うシーンがあるのですが、稽古では歌詞をアドリブで変えてしまうので大変でした(笑)。

須藤理彩
私、「地球ゴージャス」の大ファンなんです! やっと参加できて夢が叶ったという感じ。ゴージャスの稽古場はとても勉強になる場で、ますます芝居が好きになりました。
公演データ
【スタッフ】 作・演出=岸谷五朗
【キャスト】 北村一輝/山口紗弥加/須藤理彩/岡千絵/日永沙絵子/叶千佳/能見達也/熱海将人/SHUN/KYOHEI/岸谷五朗

【東京公演】
2007.8/5(日)〜26(日) Bunkamuraシアターコクーン
・チケット発売中
・全席指定S席9,500円/A席7,500円/B席5,500円
・お問い合わせ=地球ゴージャスFC TEL.03-5457-3485

【大阪公演】
2007.8/30(木)〜9/3(月) シアターBRAVA!
・チケット発売中
・全席指定8,500円
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-6233-8888

【新潟公演】
2007.9/8(土)〜9(日) りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館) 劇場
・チケット発売中
・全席指定8,500円
・お問い合わせ=キョードー北陸チケットセンター TEL.025-245-5100