KIRINpresents『アクロバティック 白鳥の湖』公開舞台稽古 - 2007年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/ウ・ジェンダン(中央上)とウェイ・バォホァ(同下)
▲ウ・ジェンダン(中央上)とウェイ・バォホァ(同下)
写真/白鳥を探すため船出した王子を海の嵐が襲う 写真/ついに見つけた白鳥の姿は……

▲白鳥を探すため船出した王子を海の嵐が襲う

▲ついに見つけた白鳥の姿は……
写真/危険な曲芸も難なくこなす 写真/しなやか身体が生み出す美技

▲危険な曲芸も難なくこなす

▲しなやか身体が生み出す美技
 肉体的限界を超えた中国雑技とバレエを融合させ、名作『白鳥の湖』の上演史に革命を起こしたといわれる『アクロバティック 白鳥の湖』。昨年夏、初の来日公演を果たし、日本の観客に新鮮な驚きを与えた舞台が早くも再演される。9日の初日を前に、公開舞台稽古が行われた。
 チャイコフスキーの名作バレエ『白鳥の湖』を、曲芸や軟体芸など中国伝統の雑技を随所に盛り込み、全編を演じきる驚天動地のパフォーマンスだった。

 王子の頭の上に白鳥がつま先立ちをするシーンは特に圧巻。白鳥役のウ・ジェンダンと王子役のウェイ・バォホァという中国の国宝級ダンサー二人が、長年パートナーを組んで信頼関係を築き上げたからこそできる美しくも極限の緊張感をともなう演技には、思わず驚きの声がもれる。

 また、鮮やかな青で彩られたドレスとダンサーたちのしなやかな動きで海の波を表現するシーンは、動きの揃った群舞の美しさに目を奪われた。タイトルからアクロバティックな演技に目がいきがちだが、“男性バレリーナ”によるコミカルな白鳥の演技や瞬間的に人を消したり出現させたりするマジックなども作品に盛り込まれているため、幅広い観客層に楽しめる作品になっている。公演は19日まで。