劇団民藝の女優・南風洋子さん死去 - 2007年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 宝塚歌劇団出身で、劇団民藝でも活躍したベテラン女優・南風洋子さんが、19日午後、膵臓がんのため横浜市の病院で死去した。享年77。葬儀・告別式は23日午前10時半から東京都中野区の宝泉寺(中野区中央2-33-3)で行われる。喪主は長女で同劇団所属の女優・若杉民さん。

みなかぜ・ようこ 1949年に宝塚歌劇団に入団し、男役として活躍。女優の有馬稲子と同期でコンビを組んだ。53年に宝塚歌劇団を退団後、新東宝映画社に入社し、映画デビューを果たす。その後、映画出演を通して親交のあった宇野重吉の勧めで59年に劇団民藝に入団。『奇跡の人』『オットーと呼ばれる日本人』『火山灰地』など数多くの劇団作品に出演するかたわら、劇団外でも演劇、ミュージカル作品に出演し、またテレビドラマ、映画でも活躍する。86年に『噂の二人』のマーサ役で紀伊國屋演劇賞個人賞、96年に『香華』の太郎丸役で第21回菊田一夫演劇賞を受賞。映画監督で劇団民藝所属の演出家、若杉光夫さんとは54年に結婚している。今年7月に主演した劇団民藝『林の中のナポリ』(山田太一作)が最後の舞台となった。