マラーホフが9月の東京バレエ団公演を降板 - 2007年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 9月に、東京バレエ団公演『ジゼル<全幕>』『ニジンスキー・プロ』に出演を予定していた世界的バレエダンサー、ウラジミール・マラーホフが、膝の手術後の回復具合を考慮し、降板することが分かった。代役は下記の通り。チケットの払い戻しは、9月6日まで専用電話(TEL.03-5721-8019)にて受付。
『ジゼル<全幕>』『ニジンスキー・プロ』代役
『ジゼル』
7・9日 フリーデマン・フォーゲル(シュツットガルト・バレエ団プリンシパル)
『ニジンスキー・プロ』
12・13日(キャストA) 「薔薇の精」マチアス・エイマン(パリ・オペラ座バレエ団スジェ)/「ペトルーシュカ」ローラン・イレール(元パリ・オペラ座バレエ団エトワール、パリ・オペラ座バレエ団副芸術監督)
12・13日(キャストB) 「レ・シルフィード」フリーデマン・フォーゲル/「牧神の午後」シャルル・ジュド(元パリ・オペラ座バレエ団エトワール、ボルドー・バレエ団芸術監督)