ミュージカル『蜘蛛女のキスKISSOFTHESPIDERWOMAN』製作発表会 - 2007年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/写真左から荻田浩一、初風諄、石井一孝、浦井健治、藤本隆宏、朝澄けい
▲写真左から荻田浩一、初風諄、朝海ひかる、石井一孝、浦井健治、藤本隆宏、朝澄けい
写真/石井一孝 写真/朝海ひかる

▲石井一孝

▲朝海ひかる
写真/浦井健治 写真/荻田浩一

▲浦井健治

▲荻田浩一
 原作は、ラテンアメリカを代表する作家マヌエル・プイグのベストセラー小説。プイグ本人による戯曲化やストレートプレイなどを経て、93年に『オペラ座の怪人』、『キャバレー』などを手がけたハロルド・プリンスの演出によりブロードウェイでミュージカル化された。原作の持つ社会性とミュージカルならではのファンタジーが見事に共存した本作は、その年のトニー賞で7部門を受賞するなど名作と名高い。日本では麻美れい、市村正親が主演を務め、演出にはブロードウェイ版のハロルド・プリンスを迎えて、こちらも賞賛を浴びた。以来9年ぶりの上演となる。

 舞台は南米の刑務所。同房となった映画好きでゲイのモリーナと政治犯ヴァレンティンは、共に過ごすうちに心を通わせていくが……。

 今回演出・訳詞を務めるのは、人物の内面を描くことに定評のある宝塚歌劇団の荻田浩一。「ミュージカルの豪華さと原作にある細やかな心理描写をうまく織り交ぜたい」と語る、新演出プランに期待が膨らむ。モリーナ役を『レ・ミゼラブル』や『ブルックリン』など数多くのミュージカルに出演し、シンガーソングライターとしても活動している石井一孝、ヴァレンティン役を同じく荻田演出の『アルジャーノンに花束を』での演技も高い評価を得た浦井健治、モリーナが憧れる映画スター、オーロラ・蜘蛛女役を宝塚歌劇団の元トップスターで、退団後これが初の本格的ミュージカルとなる朝海ひかるが務める。脇を固める初風諄、藤本隆宏、朝澄けいら共演陣にも注目だ。

 主なコメントは以下の通り。
荻田浩一(演出・訳詞)
日本でハロルド・プリンス以外の演出は初めてということもあって、緊張もありますが、素晴らしい作品に携われる喜びが大きいですね。ブロードウェイ版はチタ・リヴェラの演技でも話題となった作品。そのイメージとは違う切り口の演技ができる方と考えたときに、朝海さんしかいないと思い、頼み込んで出演してもらうことになりました。石井さんとは初めてご一緒しますが、まさに南米といった感じで(笑)、情熱を体現してくれる方。浦井さんもとても信頼できる役者なので今から楽しみです。

石井一孝 モリーナ役
9年前の(ミュージカル版)日本初演の際に、客席で見て感動したのを覚えています。モリーナは、ある意味女性よりも女性らしい役。僕自身は男らしい性格なので(笑)、チャレンジとも言えますね。ヴァレンティンの愛によって、他人に認められない孤独から解放されるところがこの作品の一番好きな部分。そこをしっかり演じたいと考えています。

朝海ひかる オーロラ・蜘蛛女役
以前から大好きな作品で、CDを毎日聞いて覚えてしまったほど。歌詞を見ているだけでその世界が頭に浮かぶんです。その想像力を観ているお客さんにも感じてほしいですね。

浦井健治 ヴァレンティン役
作品の背景を学びにブエノスアイレスに行ってきたのですが、実際に貧富の差や、そこから起こる差別などを体感することができました。自由を求めたヴァレンティンという役にしっかりと反映していきたいです。(演技について)悩む部分は多いですが、極限状態の中でのモリーナとの心理描写をしっかりと演じられたらと思います。

初風諄 モリーナの母親役
お話を頂いた日から毎日CDを聞いています。モリーナに向けて歌う曲があるのですが、歌詞がそのものズバリ(役を表している)なので、そこから母親像を膨らましています。

藤本隆宏 刑務所所長役
どうしてこんなかっこいい僕が悪役なんでしょう(笑)。でも、僕が少しでも良い部分を見せたら成立しない話なので、悪役に徹したいですね。

朝澄けい ヴァレンティンの恋人・マルタ役
素晴らしい作品に携われて光栄です。人として魅力的なマルタを作り上げていきたいです。
公演データ
【スタッフ】 原作=マヌエル・プイグ 作詞・作曲=ジョン・カンダー/フレッド・エッブ 脚本=テレンス・マクナリー 訳詞・演出=荻田浩一
【キャスト】 石井一孝/朝海ひかる/浦井健治/初風諄/藤本隆宏/朝澄けい ほか

【東京公演】
2007.11/2(金)〜11(日) 東京芸術劇場 中ホール
・9/15(土)前売開始
・全席指定S席12,000円/A席8,000円
・お問い合わせ=宝塚クリエイティブアーツ TEL.0797-83-6000

【大阪公演】
2007.11/16(金)〜18(日) 梅田芸術劇場メインホール
・9/16(日)前売開始
・全席指定S席12,000円/A席9,000円/B席6,000円
・お問い合わせ=宝塚クリエイティブアーツ TEL.0797-83-6000