『女ねずみ小僧〜目明かしの女房〜』製作発表記者会見 - 2007年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/大地真央 写真/紫吹淳

▲大地真央

▲紫吹淳
写真/彩輝なお 写真/渡辺徹

▲彩輝なお

▲渡辺徹
写真/女ねずみ小僧に扮した大地

▲女ねずみ小僧に扮した大地

 大地真央の明治座初座長作品となる『女ねずみ小僧』の製作発表が都内で行われた。大地の妹分役として紫吹淳と彩輝なおが出演し、元宝塚歌劇団月組トップスター3人が初共演することでも話題の作品だ。

 3人に加えて大地の夫役の渡辺徹、脚本の劇団扉座主宰・横内謙介、演出の岡村俊一が顔をそろえ、それぞれが公演への意気込みを語った。

 会見では、出演者が見どころの一つでもある艶やかな衣裳に身を包み登場。作品の華やかなイメージを印象づけた。中でも大地は会見終了後、一度控え室に戻ってねずみ小僧の衣装で再登場し、会場を沸かせていた。

 足を洗った女ねずみ小僧の紅緒(大地)は、ひょんなことから、うだつのあがらない岡っ引き亀蔵(渡辺)の女房になる。貧乏長屋の地道な暮らしも板についてきたころ、かつての仲間である浅黄(紫吹)、葵(彩輝)が現れ……。

大地真央 紅緒役
今回明治座には初めて出演させていただきます。女ねずみ小僧は、テレビでは何度か演じたことがありますが、舞台では初めてとなります。下級生の2人とも初共演で、初めてづくしの作品ということになります。長屋のおかみさんではのんびりした動き、ねずみ小僧としては素早い動きとなるので、メリハリをつけた演技をしたいと思っています。

紫吹淳 浅黄役
大地さんとは初めての共演なので、長い期間の中でいろいろなものを盗んで学びたいなと今から考えています。

彩輝なお 葵役
大地さんをはじめ、素敵な共演者の方々と舞台に立てることを幸せに思っています。楽しんで演じたいと思います。

渡辺徹 亀蔵役
いつもは文学座で男ばかりと舞台に立っているので、今回のようにきらびやかな方たちと共演するのは非常に楽しみです(笑)。中でも大地さんは憧れの人で、その方の夫役を演じるというのは、まさに夢が叶ったという感じです。脚本を読んで涙が出るほどの素晴らしい作品なので、精一杯演じたいと思います。

横内謙介(脚本)
明治座での公演、しかもこのキャストということで、とてもやりがいを感じています。作品を一言で言うと、アウトローが必死に庶民になじもうとする話です。幅広い年齢の方たちに楽しんでもらえるエンターテインメント作品になっていると思います。

公演データ
2007.11/2(金)〜27(火) 明治座

【スタッフ】 作=横内謙介 演出=岡村俊一
【キャスト】 大地真央/紫吹淳/彩輝なお/川崎麻世/山村紅葉/三倉茉奈/三倉佳奈/松山政路/渡辺徹 ほか

・チケット発売中
・全席指定A席12,000円/B席5,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3660-3900