ケリー・チャンが宮本亜門演出『トゥーランドット』を降板 - 2007年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 来年3月に上演される祝祭音楽劇『トゥーランドット』にタイトルロールとして出演を予定していた、香港の人気歌手で女優のケリー・チャンが、中国での映画撮影中に足首のじん帯を損傷したため、降板することが分かった。代役には、“アジアの歌姫”といわれる台湾出身の人気シンガー・ソングライターのアーメイを起用する。

 宮本亜門が演出を手がける『トゥーランドット』は、来年3月27日にリニューアル・オープンする赤坂ACTシアターのこけら落とし公演で、岸谷五朗、中村獅童、早乙女太一ら人気キャストが顔をそろえることでも注目を集めている。11月末に制作発表会が行われる予定。