『ナツひとり―届かなかった手紙―』製作発表 [記者会見] - 2007年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左からマキノノゾミ、沢田雅美、宇津井健、仲間由紀恵、生瀬勝久、福士誠治
▲左からマキノノゾミ、沢田雅美、宇津井健、仲間由紀恵、生瀬勝久、福士誠治
 05年に放送された橋田壽賀子作のドラマ「ハルとナツ」が舞台化されることとなり、製作発表が行われた。戦前から現代に至る70年間を、ある一家を通して描いた物語。ドラマでは一家でブラジルに移民した姉ハルと、眼病のために渡航許可がおりず一人日本に残された妹ナツの人生を対比的に描いたが、今回の舞台化ではナツ一人にスポットを当て新たに描き直す。脚色・演出は、劇団M.O.P.のマキノノゾミ。

 ナツ役には、ドラマ版に続き仲間由紀恵。ドラマでは14歳から36歳までに扮したが、今回は14歳から76歳までというほぼ一生を演じることになる。また、ドラマ版でハルの晩年を演じた森光子が、今回は声の出演でハルを演じるのも話題の一つだ。

 共演経験のあるキャストも多く、会見は終始和気あいあいとした雰囲気。ジョークも交じえながら、それぞれの意気込みを語った。

 主なコメントは以下の通り。
マキノノゾミ(脚色・演出)
「橋田壽賀子さんの超大作を、私のような若輩者が」と最初は思ったんですが、仲間由紀恵さんの初めての舞台主演作を任せていただけるという魅力には抗いがたく、橋田先生の胸を借りるつもりで、脚色させていただきました。日本に残されたナツを描くのだけでも膨大で、舞台で3時間にまとめるのは難しかったのですが、かなり熱いドラマになっているのではと。見どころはやはり、仲間由紀恵さんが一人の女の一生を演じること。それは映像ではできない、舞台ならではのものだと思っています。

仲間由紀恵 高倉ナツ役
舞台の経験も少ない私が新橋演舞場に立たせていただくということで、とても光栄であると同時に、大きな責任を感じています。ドラマでは一役を三人で演じていたのですが、今回はそれを一人で演じるので、後半をどう演じていこうかと不安と期待があり……。そういえば以前、取材で「今後どういう作品をやりたいですか?」と聞かれたときに「“女性の一生”を演じてみたいと思っています』と答えたことを思い出しました。それがこんなに早く、しかも新橋演舞場というこんなに大きな舞台で実現するとは思わなかったので、ビックリしています。

生瀬勝久 農学部学生・中内金太役
マキノノゾミさんは大学の一年先輩です。今回20年ぶりに演出していただきます。仲間由紀恵さんとは「TRICK」「ごくせん」「功名が辻」、そのほか控えめなヒット作品もろもろ(笑)、由紀恵さんのターニングポイントには必ず私が付きまとってる!! そういう間柄です。そして近々発表される(ある媒体の)『あなたの好きな脇役ランキング』で私は堂々の5位! その人間が付くのだから、面白いに間違いない! 不まじめなことを言っておりますが、中内金太は(ナツの)恋人役になるのかな……? まじめなところもあるんです(笑)。頑張ります!

福士誠治 ナツの幼なじみの牧夫・川村勉役
舞台は僕にとって初めてに近い経験で。それを、新橋演舞場という大きな舞台でさせていただけるのを光栄に思います。キャストのみなさんも、初めてお会いした方ばかりで緊張していますが、みなさん先輩なので、胸を借りるつもりで頑張っていきたいと思います。

沢田雅美 ナツの伯母・高倉カネ役/その娘・イネ役
『ナツひとり―届かなかった手紙―』の“届かなかった手紙”の犯人をやらせていただきます(笑)。ナツをいじめる鬼のカネと、後半は、その娘である仏のイネ。私の中でとっても楽しみな11月の舞台です。仲間さんの初主演舞台をたくさんの人に観ていただけますよう、よろしくお願い致します。

宇津井健 牛飼い・沢岡徳治役
素敵な方たちとご一緒できて、本当にうれしく思っています。主人公ナツの育ての親である、牛飼いの徳治という役で、昭和14年の50歳から18年の54歳まで演じて、一幕で死んでしまいます。ところが三幕のやや後半にもう一度出てまいります。ト書きを見ますと、「徳治・幽霊現る」。私も幽霊の役は初めてで愕然としました(笑)。これはナツの心の中に現れる、人生の師といいますか、重要な役だと自分なりに解釈しております(笑)。頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。
公演データ
2007.11/1(木)〜26(月)  新橋演舞場

【スタッフ】 原作=橋田壽賀子 脚色・演出=マキノノゾミ
【キャスト】 仲間由紀恵/生瀬勝久/福士誠治/西尾まり/菊池隆則/三上市朗/沢田雅美/宇津井健/森光子(声の出演)

・チケット発売中
・全指1等席12,600円/2等席8,400円/3階A席4,200円/3階B席2,520円/1階桟敷席13,650円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3541-2600