第13回日本劇作家協会新人戯曲賞の最終候補作が決定 - 2007年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 日本劇作家協会(会長=坂手洋二)が主催している日本劇作家協会新人戯曲賞の今年度の最終候補作が決定した。応募総数168作品の中から選ばれたのは以下の5作品。12月9日(日)18:30から紀伊國屋サザンシアターで行われる公開審査会で、受賞作を決定する。受賞者には正賞の時計と副賞・50万円を贈呈。
最終候補作
「犬目線/握り締めて」スエヒロケイスケ(愛知県)
「テンマ船の行方」柳原和音(東京都)
「ハルメリ」黒川陽子(栃木県)
「おやすみ、枇杷の木」吉田小夏(東京都)
「春の鯨」森聲由(長崎県)
イベントデータ
第13回日本劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会
2007.12/9(日) 紀伊國屋サザンシアター
【審査員】 川村毅/小松幹生/斎藤憐/坂手洋二/佃典彦/土田英生/平田オリザ

・チケット発売中
・全席自由1,000円
・開始時間=18:30〜(終了予定21:00)
・お問い合わせ=日本劇作家協会 事務局 TEL.03-5738-3150