丸の内で障害者参加型の舞台芸術プロジェクトが公演とシンポジウムを開催 - 2008年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 さまざまな障害のある人びとに舞台芸術に参加できる場を提供し、新たな表現を生み出すことを目指すプロジェクト「エイブルアート・オンステージ」の公演が、2月9日・10日に丸の内の明治安田生命MY PLAZAホールで行われる。

 NPOエイブル・アート・ジャパンと明治安田生命保険相互会社が共同で取り組む同プロジェクトは、04年以来、長期計画のグループ活動援助や海外から演出家を招いてのワークショップや公演など、障害のある人びとの芸術参加を幅広く支援している。今回は、過去に発表した作品の中から、昨年初演され好評を博した「みやざき◎まあるい劇場」の『隣の町』を上演するほか、10日15:00からは同プロジェクトの4年間の活動を検証して舞台芸術の役割と可能性を話し合うシンポジウムも開催される。詳細は下記のとおり。
公演データ
エイブルアート・オンステージ「コラボ・シアター・フェスティバル」

2008.2/9(土)・10(日) 明治安田生命MY PLAZAホール

【Aプログラム】
劇団こふく劇場プロデュース みやざき◎まあるい劇場『隣の町』

【スタッフ】 作・演出=永山智行
【キャスト】 和田祥吾/森菜都子/平野今朝市/深井けい子/あべゆう/上元千春/濱砂崇浩/上田政子/山内健司(特別出演) ほか
・チケット発売中
・全席自由1,500円/当日1,800円、25歳以下・65歳以上・障害者・介助者1,000円/当日1,200円
・開演時間=9日18:00、10日13:00

【Bプログラム】
シンポジウム「エイブル・アート・オンステージを通して考える、舞台の可能性・劇場の役割」

【パネラー】 大谷燠(DANCE BOX エクゼクティブディレクター)/楫屋一之(世田谷パブリックシアター チーフプロデューサー)/永山智行(劇作家・演出家)/吉野さつき(ワークショップコーディネーター)
・入場無料(要事前申込)
・開演時間=10日15:00〜17:00

・お問い合わせ=エイブル・アート・ジャパン TEL.03-3364-2140