プーシリーズEpisode1『アマツカゼ―天つ風―』製作発表 - 2008年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/芦名星 写真/松本まりか

▲芦名星

▲松本まりか
写真/きだつよし 写真/会見では、作品の見どころでもある殺陣も披露された。写真は松本

▲きだつよし

▲会見では、作品の見どころでもある殺陣も披露された。写真は松本
 嵐の大野智主演、元TEAM発砲・B・ZINのきだつよし脚本・演出の人気企画「プー(風)シリーズ」。昨年3部作が完結したが、第1弾『センゴクプー』の前夜譚『アマツカゼ』が上演されることに。大野、きだを始め、出演者が顔をそろえ、意気込みを語った。

 03年『センゴクプー〜戦国・風〜』、05年『バクマツバンプー〜幕末蛮風〜』、06年『テンセイクンプー〜転世薫風〜』と上演を重ね、大野智の代表作として呼び声高いプーシリーズ。今回は、その『センゴクプー』の主人公・風助の誕生秘話を送る。 舞台は戦国時代。天下統一を目指す戦国武将・山城不動に両親を殺され、妹・りんと生き別れた凪は、凪を慕う女忍者・陽炎とともに復讐のために剣を振りかざし、修羅の道を行くのだが……。

 きだが出演者としてシリーズ初参戦するほか、佐藤アツヒロが凪の敵役を務め、二人のガチンコ勝負にも期待が高まる。出演者のコメントは以下の通り。
きだつよし 風神・虱役/作・演出
今回は<自分の目的のためにあえて修羅の道を行く>物語です。これまでは大野君のひょうひょうとした、本人に近いイメージの役を書いてきましたが、今回は彼のストイックな部分を描きたい。アクションだけでなく、役者の心情で見せる作品にしたいです。

大野智 凪役
台本を初めて読んで、きださんが出ることを知りました。で、きださんが一番おいしい役じゃんと(笑)。代表作と人から言われることもあるけれど、みんなでここまできた感じです。カンパニーで一つになって、みんなで意見を出しながらすばらしいものにしたいですね。

芦名星 りん役
舞台はいつかやってみたいと思っていたのですが、こんな素晴らしいキャストの方と初舞台が踏めてうれしいです。

松本まりか 陽炎役
私の初舞台はきださんの作品でした。4度目となる今回の舞台で、きださんと共演できることになり、「縁」を感じます。舞台では「生きてる」という感じがしてパワーが沸いてきます。今回もそれを楽しみたいと思います。

佐藤アツヒロ 山城不動役
実は02年の『青木さんちの奥さん』以来、大野君が出る芝居は全部観ています(笑)。ファンなのかもしれない(笑)。大野君は殺陣がうまいですが、僕もいろいろ経験があるので、ガチンコで見せたいなと思います。
公演データ
【スタッフ】 作・演出=きだつよし
【キャスト】 大野智・芦名星・松本まりか・西ノ園達大・武田義晴・きだつよし/佐藤アツヒロ ほか

【東京公演】
2008.3/21(金)〜4/7(月) 青山劇場

【大阪公演】
2008.4/24(木)〜28(月) NHK大阪ホール

・2/16(土)前売開始
・全席指定S席9,500円/A席8,500円
・お問い合わせ=テレドーム TEL.0180-993-740(24時間テープ案内)