読売文学賞の戯曲・シナリオ賞に『コンフィダント・絆』 - 2008年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 読売新聞社が主催する第59回読売文学賞が1月31日に発表され、「戯曲・シナリオ賞」に三谷幸喜作の『コンフィダント・絆』(上演台本)が選ばれた。また「評論・伝記賞」には、劇団文化座の旗揚げメンバーの故・鈴木光枝と、娘で看板女優の佐々木愛の証言を軸に社会の底辺に生きる人びと姿を描き続ける劇団の全貌に迫った、演劇評論家・大笹吉雄の著作「女優二代 鈴木光枝と佐々木愛」(集英社)が選ばれた。その他の受賞者・受賞作は公式サイトを参照。

 贈賞式は20日に東京・丸の内のパレスホテルにて行われ、受賞者には正賞の硯と副賞200万円が贈られる。