アルゼンチンタンゴ・ミュージカル『Tanguera タンゲーラ』開幕 - 2008年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/セクシーな衣裳がアルゼンチンタンゴのダンスをさらに官能的に演出
▲セクシーな衣裳がアルゼンチンタンゴのダンスをさらに官能的に演出
 切ないタンゴの調べに乗せて繰り広げられる、目まぐるしいステップと睦み合うかのような官能的なペアダンス――アルゼンチンタンゴの表現力豊かな踊りと音楽で、悲劇的な恋の物語を描く『Tanguera タンゲーラ』が6日、Bunkamuraオーチャードホールで来日公演の幕を開けた。

 タンゴの踊りと音楽のみで物語を描く『Tanguera タンゲーラ』は、ミュージカル仕立ての分かりやすさと、アルゼンチンタンゴのトップダンサーたちによる躍動感あふれるダンスの魅力を兼ね備えたユニークな作品。02年にブエノスアイレスで初演されて以来、ドイツ、メキシコ、ロシア、中国などでツアーを行い、高い評価を受けている。
 20世紀初頭、はるばるヨーロッパからアルゼンチンにやってきた移民女性・ジゼルと彼女をめぐる裏社会の男たちの悲劇的な恋の物語はシンプル。だが、愛する女性を奪い合う男たちの情熱、男女の愛の昂り、深い孤独の哀しみといった感情を、リズミカルな高速ステップや情緒あふれるペアダンスがぐっと深めていく。特に、マフィア一員のガウデンシオと純粋な愛にひた走る若きロレンソが、ジゼルを奪い合いながら舞台上で縦横無尽に踊り、争うトリオ・ダンスは圧巻。三人の手と足が複雑に絡み合いながら繰り広げられる、奪い奪われるせめぎ合いは、タンゴと物語が最も調和する美しく、激しいシーンになっていた。

 初日には、元宝塚歌劇団トップスターの姿月あさと、デヴィ・スカルノ、小柳ルミ子、野田聖子衆議院議員、姫井由美子参議院議員ら著名人も数多く訪れ、表現力豊かなアルゼンチン・タンゴの魅力を堪能していた。

 公演は10日まで。