スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』公開舞台稽古 - 2008年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/ヤマトタケル役の市川右近(左)とタケヒコ役の市川段治郎
▲ヤマトタケル役の市川右近(左)とタケヒコ役の市川段治郎
写真/国造の娘・みやず姫(市川笑也)との結婚を決意するヤマトタケル(右近) 写真/ヤマトタケル(右近)は、伊吹山の山神(市川猿弥)に果敢に戦いを挑むが……

▲国造の娘・みやず姫(市川笑也)との結婚を決意するヤマトタケル(右近)

▲ヤマトタケル(右近)は、伊吹山の山神(市川猿弥)に果敢に戦いを挑むが……
写真/ヤマトタケルの魂は白き大鳥となって甦り、天に昇る 写真/会見より段治郎(左)と右近

▲ヤマトタケルの魂は白き大鳥となって甦り、天に昇る

▲会見より段治郎(左)と右近
 歌舞伎俳優・市川猿之助による“スーパー歌舞伎”シリーズの原点となる作品で、86年の初演以来、猿之助の台本・演出・主演で繰り返し上演されてきた『ヤマトタケル』。05年に初めて師匠から主演の座を引き継いだ市川右近と市川段治郎が、再びダブルキャストで同作に挑む。5日の初日前日に公開舞台稽古が行われ、ヤマトタケルとタケヒコの二役を交互に演じる右近と段治郎が会見に応じた。

 江戸歌舞伎の持つ娯楽性に立ち返り、踊り、立ち回り、隈取りの化粧など古典歌舞伎の演技や演出を大胆に採り入れ、ストーリー、スピード、スペクタクルを重視したスーパー歌舞伎。その名に違わず、色鮮やかな衣裳に迫力ある隈取り、紙吹雪や照明を駆使した豪快な立ち回り、屋台崩しに宙乗りと見どころは尽きない。もちろん目を楽しませるだけではない。哲学者・梅原猛が書き下ろしたヤマトタケルの物語は、父の愛への渇望、恋人の喪失、戦争への懐疑、慢心の罠、そして死という、人生におけるさまざまな局面を織り交ぜた壮大なドラマにもなっている。スーパー歌舞伎の醍醐味を味わうのに、もってこいの一作だ。

 東京公演は25日まで。会見での右近、段治郎のコメントは下記のとおり。
市川右近 小碓命のちにヤマトタケル・大碓命/タケヒコ *Wキャスト
3年前は一門のみんなでただただ必死にやった。その成果が師匠に認められたからこその再演だと思います。歌舞伎は一人ではできません。衣裳を着るのだって自分一人では無理。総勢100名を超えるキャスト、裏方のスタッフ、劇場のスタッフ、みんなのためにもがんばらなければいけないという気持ちです。段治郎と助け合いながら、精一杯、役を務めたいと思います。

市川段治郎 小碓命のちにヤマトタケル・大碓命/タケヒコ *Wキャスト
この3年間に我々も、歌舞伎やそれ以外のいろいろな芝居に出ました。この舞台で、その成長を感じていただければ。それから、前回は感じませんでしたが、今回はヤマトタケル役として右近さんとの違いを鮮明に感じています。ぜひ両バージョンを観ていただきたいと思います。
公演データ
【スタッフ】 作=梅原猛 監修=奈河彰輔 脚本・演出=市川猿之助
【キャスト】 市川右近/市川段治郎/市川門之助/市川笑也/市川猿弥/市川笑三郎/市川春猿 ほか

【東京公演】
2008.3/5(水)〜25(火) 新橋演舞場
・チケット発売中
・全席指定一等席14,700円/二等席10,500円/三階A席4,200円/三階B席3,150円/桟敷席15,750円
・お問い合わせ=新橋演舞場 TEL.03-3541-2600

【福岡公演】
2008.4/3(木)〜26(土) 博多座
・チケット発売中
・全席指定A席15,500円/特B席12,000円/B席9,000円/C席5,000円
・お問い合わせ=博多座電話予約センター TEL.092-263-5555

【大阪公演】
2008.5/4(日)〜27(火) 大阪松竹座
・4/10(木)前売開始
・一等席13,650円/二等席7,350円/三等席4,200円
・お問い合わせ=大阪松竹座 TEL.06-6214-2211

【愛知公演】
2008.6/9(月)〜27(金) 中日劇場
・4/9(水)前売開始
・全席指定A席14,000円/B席7,000円
・お問い合わせ=中日劇場 TEL.052-263-7171