ミュージカル『ミス・サイゴン』第二次製作発表 - 2008年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/会場には700名ものファンが迎えられた
▲会場には700名ものファンが迎えられた
 7月に開幕を控えた『ミス・サイゴン』の第二次製作発表が、ファン700名を帝国劇場に迎えてのイベント形式で行われた。ベトナム戦争を題材にした大作ミュージカルの約4年ぶりの再演。当日は、キャスト挨拶のほか、劇中歌披露、音楽監督・山口ひで也による観客への合唱指導と、盛りだくさんな内容となった。
 歌唱披露は、アンサンブル60名による「火がついたサイゴン」、新妻聖子×原田優一の「世界が終る夜のように」、筧利夫の「生き延びたけりゃ」、ソニンの「命をあげよう」、岸祐二とアンサンブルによる「ブイ・ドイ」。中でも、衣裳・小道具を身につけた筧利夫の本番さながらの演技に、客席は大盛り上がり。新妻×原田は透明感ある歌声で甘いデュエットを聞かせ、ソニンは母となった女性の強さを力強く表現。戦争を題材にしているだけにキャストは男性の比率が高く、コーラスもとりわけ重厚で聞き応えがあった。

 山口による観客への合唱指導は、名曲「アメリカン・ドリーム」。キーがどんどんと上がっていく難しい曲にもかかわらず、観客はみな笑顔で熱唱し、「このパワーをキャストのみなさんも見習ってほしい」と山口も太鼓判を押した。最後は、キャスト・観客一緒になっての記念撮影で締めくくられた。

 作品を愛するファンのパワーを、キャスト陣が受け取るかたちとなった同イベント。期待に応えるべく、7月の初日に備え奮闘してくれることだろう。
公演データ
【スタッフ】 音楽=クロード=ミッシェル・シェーンベルク 訳=リチャード・モリトビーJr./アラン・ブーブリル 訳詞=岩谷時子 オリジナルフランス語テキスト=アラン・ブーブリル
【キャスト】 市村正親・筧利夫・橋本さとし・別所哲也/笹本玲奈・ソニン・知念里奈・新妻聖子/井上芳雄・照井裕隆・原田優一・藤岡正明 ほか(各役交互出演)

【東京公演】
プレビュー 2008.7/14(月)〜17(木)
2008.7/18(金)〜10/23(木) 帝国劇場
・7月分 4/19(土)前売開始、8月分 4/26(土)前売開始、9月分 7/19(土)前売開始、10月分 7/26(土)前売開始
・全席指定S席13,500円/A席9,000円/B席4,000円(プレビューS席12,500円/A席8,500円/B席3,500円)
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3213-7221

【福岡公演】
プレビュー 2009.1/3(土)・4(日)
2009.1/5(月)〜3/15(日) 博多座
・1月分 10/25(土)前売開始、2月分 11/15(土)前売開始、3月分 12/6(土)前売開始
・全席指定A席16,000円/特B席12,500円/B席9,500円/C席5,000円(プレビューA席15,000円/特B席11,500円/B席8,500円/C席4,000円)
・お問い合わせ=劇場 TEL.092-263-5858