新感線☆RX『五右衛門ロック』製作発表 [記者会見] - 2008年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/前列左から北大路欣也、古田新太、松雪泰子、江口洋介、後列左から高田聖子、川平慈英、森山未來、濱田マリ、粟根まこと
▲前列左から北大路欣也、古田新太、松雪泰子、江口洋介、後列左から高田聖子、川平慈英、森山未來、濱田マリ、粟根まこと
 08年夏、新宿コマ劇場で上演される劇団☆新感線の最新作『五右衛門ロック』の記者発表が行われた。会場にはいのうえひでのり(演出)、中島かずき(脚本)、森雪之丞(作詞)をはじめ、主演の古田新太ら豪華出演者たちが顔をそろえ、意気込みを語った。

 “あの稀代の大泥棒・石川五右衛門が、もしも釜茹での刑から逃れていたら?”という発想の元、歌あり踊りありチャンバラありの痛快冒険活劇仕立てで送る『五右衛門ロック』。市川雷蔵や根津甚八、三船敏郎ら名優たちが演じてきた怪盗・五右衛門を、古田新太はどう演じるのか? いやが応にも期待が高まる!
いのうえひでのり(演出)
コマ劇場ということで、アウトローなやつがいい、音楽が入るものがいい……とイメージを膨らませる中で、昔、大河ドラマ「黄金の日日」で根津甚八さんが五右衛門を演じていたのがカッコよかったというのを思い出しまして。タイトルは「五(ご)」「ロック(6)」で『五右衛門ロック』かなと(笑)。

中島かずき(脚本)
大作映画が一本撮れるような豪華キャストでこの芝居を書けるのが本当に幸せです。夏にビアガーデンでかーっとビール一杯飲むようなつもりで観に来ていただきたいです。

森雪之丞(作詞)
ロックにはダークスターというかヒール系の人物がいろいろいますが、五右衛門にも共通点を感じます。そういったところを音楽にも出したいです。

古田新太 石川五右衛門役 
五右衛門は泥棒なのに派手好き。そんな格好だと捕まるよっていう(笑)。そういう間抜けなかっこよさでみんなが笑ってくれたら。あと、個人的にはうちの若い殺陣師が北大路さんにちゃんと殺陣を付けられるのかどうか、楽しみにしてます(笑)。

松雪泰子 真砂のお竜役
前回『吉原御免状』に出していただいて、次はぜひネタものをと希望していました。なので今回は嬉しいです!

江口洋介 岩倉左門字役
新感線の舞台は気前がいいというか、すかーんとやりきるエネルギッシュな感じがしてとても気持ちいい。僕も精一杯楽しみます。

森山未來 バラバ国カルマ王子役
新感線の舞台は二度目です。泥棒だけど派手好きな五右衛門は古田さんにぴったりだと思うので、楽しみです。

北大路欣也 タタラ島国王クガイ役
今回こういうご縁をいただいて、新鮮な思いです。殺陣もそうですが、僕がこれまでやってきたこととはきっといろいろ違うと思うので、教わりながら頑張りたいです。古田さんは私の大先輩である勝新太郎さんや若山富三郎さんのような艶と豪快さがあって、五右衛門のイメージにぴったりだと思います。
公演データ
【スタッフ】 作=中島かずき 演出=いのうえひでのり 作詞=森雪之丞 音楽=岡崎司
【キャスト】 古田新太/松雪泰子/森山未來/江口洋介/川平慈英/濱田マリ/橋本じゅん/高田聖子/粟根まこと/北大路欣也 ほか

【東京公演】
2008.7/8(火)〜28(月) 新宿コマ劇場
・4/19(土)前売開始
・全席指定S席12,500円/A席10,000円/B席7,500円(6日プレビュー公演S席10,000円/A席7,500円/B席5,000円)
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337

【大阪公演】
2008.8/8(金)〜24(日) 大阪厚生年金会館
・6/14(土)前売開始
・全席指定S席12,500円/A席8,500円/Z席6,500円
・お問い合わせ=キョードーチケットセンター TEL.06-7732-8888