明治座『蝉しぐれ』公演成功祈願 - 2008年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から内野謙太、北川弘美、福士誠治、崎本大海
▲左から内野謙太、北川弘美、福士誠治、崎本大海
写真/ヒロイン・小柳ふく役の北川(左)と主人公・牧文四郎役の福士誠治 写真/成功祈願式より

▲ヒロイン・小柳ふく役の北川(左)と主人公・牧文四郎役の福士誠治

▲成功祈願式より
 直木賞作家・藤沢周平の代表作であり、映画やTVドラマでもおなじみの人気時代小説を、若手俳優の共演で舞台化する『蝉しぐれ』。5月5日の初日を前に、東京・神田明神にて公演の成功祈願が行われ、主人公・牧文四郎役で舞台初主演となる福士誠治、ヒロイン・小柳ふく役に挑む初舞台の北川弘美、文四郎の親友役を務める崎本大海、内野謙太が、役の扮装で出席した。

 若き下級武士・牧文四郎が、苦難を乗り越えながらひたむきに生きていく、清々しい成長物語。藩の派閥争いを背景に、幼なじみへの淡い恋と過酷な運命、親友とのあつい友情が描かれる。

 社殿にて祈願後、出席者は囲み取材に応じた。舞台版の見どころを聞かれた福士は、「(舞台は)全身が映る世界ですし、それをライブで観てもらえるので、若さあふれる躍動感ある芝居をしたいです。またふくとの印象深いシーンがありますが、そこはしっとり切なく……。あふれ出るいろんな感情を、直接お客様に伝えられるような作品にできれば」と意欲を表した。また、若手中心の座組ということでプレッシャーについて尋ねられると、「稽古が始まるまでは多少あったのですが、稽古を進めると一つひとつ(演じる役が)肉付けされていくのが分かるので、本番では自信を持ってお客様にお見せできるのではと思っています。今ではプレッシャーよりも楽しみが大きいです」と、落ち着いた表情でコメント。また、初舞台の北川は「舞台はずっとやりたかったのですが、お話をいただいた時、その日から寝れなくなるほど緊張してしまいました。今は楽しめる余裕も出てきましたが、明治座さんをごひいきにされているお客様に少しでも認めてもらえる芝居ができるよう、少しずつ勉強しているところです」と真摯な面持ちで話していた。

 主なコメントは以下の通り。
福士誠治 牧文四郎役
明治座という大きな舞台で演じさせていただけることを光栄に思い、しかもそれが藤沢周平さんの『蝉しぐれ』だということを、とてもうれしく感じています。役については今稽古で掘り下げているところなので、確かな答えは出せないのですが、牧文四郎はとてもまっすぐな男なので、(考えすぎず)ストレートに演じられたらいいなと思います。(現在放送中のTVドラマに続き、時代劇づいているということを受けて)日本で生まれたからには時代劇はやっていきたいという思いもありますし、顔が“古い”みたいでかつらがよく似合うと言ってくださる方が多いので(笑)、所作、殺陣、着物の着こなしなど一歩ずつ勉強しつつ、これからも時代劇はやっていきたいなと思っています。

北川弘美 小柳ふく役
初舞台なのですごく緊張していたのですが、福士さんを始めみなさんお若いので、「一緒に作っている」感じがすごくあり、とても頼もしいです(一同笑い)。藤沢先生の原作の人物像がすごく固まっているので、その中で自分が何を色付けていけるのか、今稽古で考えて進めております。なにぶん初めてなので、舞台でお芝居するということにすらまだ違和感を持っていますが、稽古を重ねていくうちに、固めていけたらと思っています。映画も何十回と見すぎてしまったので(笑)、稽古場ではその固定観念を取り払うところから始めて、台本をもとに自分なりにふくを作り上げていくよう務めています。

崎本大海 小和田逸平役
僕が今までにやったことのない感じの、元気な役柄です。それを舞台で演じるということで、その表現方法に悩んだのですが、多くの先輩がとても親切に教えてくださって、そのおかげでだんだんと自分なりに道筋を見つけることができました。動きの付け方ひとつで、(芝居の)ニュアンスがぜんぜん変わりますし、ちょっと言いにくいせりふでも「ここに重点をおいたらいいよ」と言われてやってみると、魔法のように言えるようになるので、勉強になります。この調子で、稽古をまだまだ頑張っていきたいと思っています。

内野謙太 山崎与之助役
僕もまだ稽古中で、役作りはどうなっていくか分からないんですが、与之助と同じで僕も、けんかができない……その弱さみたいなものは、ちゃんと出せるかなと(笑)。二人(福士・崎本)がすごくかっこ良いアクションをしているんですが、僕はそういうのはないので、派手に殴られたいと思っています。そういうところを見てほしいです(笑)。
公演データ
2008.5/5(月・祝)〜29(木) 明治座

【スタッフ】 原作=藤沢周平 脚本=金子成人 演出=金子良次
【キャスト】 福士誠治/北川弘美/崎本大海/野川由美子/横内正/松山政路/河原崎國太郎/木ノ葉のこ/北町嘉朗/伊藤正之/新納敏正/宮路佳伴/山本亜希子 ほか

・チケット発売中
・全席指定A席12,000円/B席5,000円
・お問い合わせ=明治座チケットセンター TEL.03-3660-3900