大日本プロレス『リア王KingLear』記者会見 - 2008年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から、大日本プロレス興行権入りの福袋を購入し、今回の公演を企画した佐々木記貴、八代眞奈美(演出)、シャドーWX(前)、伊東竜二(後)、グレート小鹿、谷口裕一(前)、黒天使沼澤邪鬼(後)、ボクデス(小浜正寛)
▲左から、大日本プロレス興行権入りの福袋を購入し、今回の公演を企画した佐々木記貴、八代眞奈美(演出)、シャドーWX(前)、伊東竜二(後)、グレート小鹿、谷口裕一(前)、黒天使沼澤邪鬼(後)、ボクデス(小浜正寛)
 シェイクスピア四大悲劇のひとつ『リア王』をベースに、大日本プロレスの人気選手と舞台人とがタッグを組む。ありそうでなかった異色のコラボレーションに期待が高まる。

 ドランカー・タッグマッチ(ゴネリル谷口・オールバニ弁慶こと大黒坊弁慶組VSアプロディタ忍こと忍・バックス宮本こと宮本裕向組)、ハードコアマッチ(リーガンWX・コーンウォール小林ことアブドーラ小林組VSマルス関本こと関本大介・ハーデース黒田こと黒田哲広組)、ローズ&奉納蛍光灯デスマッチ(コーデリア伊東・フランス帝王組VSエドガー葛西こと葛西純・エドマンド佐々木ことマンモス佐々木組)の三試合を軸に、老王とその後継者たちの死闘を描く。
 大日本プロレスを支配するグレート・リア王(グレート小鹿)は、高齢のため引退を決意する。そこで後継者となる選手3人に、団体を三分割し、それぞれのベルトを管理することを提案する。古株のゴネリル谷口(谷口裕一)とリーガンWX(シャドーWX) は快諾するが、団体の弱体化を危惧するコーデリア伊東(伊東竜二)は強烈に反対し……。

 自らも出演する大日本プロレス社長・グレート小鹿が、「家族の物語である『リア王』は、うちにぴったり。家族的な団結力で大成功を収めたい」と意気込みを語ると、選手たちも「がんばります!」と力強く続けた。

 演劇界からはボクデス(小浜正寛)、花組芝居の八代進一、谷山知宏、リリパット・アーミーIIのコング桑田が出演。選手たちとともに、ボクデス振付の動きとせりふとで物語を牽引する。 

 わずか1日限りの公演。見逃すまじ!
公演データ
2008.8/7(木) 横浜赤レンガ倉庫1号館

【スタッフ】 原作=W.シェイクスピア 演出=八代眞奈美 
【キャスト】 グレート小鹿/谷口裕一/シャドーWX/伊東竜二/黒天使沼澤邪鬼/ボクデス(小浜正寛) ほか

・6/1(日)前売開始
・指定ロイヤルシート15,000円(Tシャツ+1ドリンク付)、特別リングサイド席9,000円(Tシャツ付)/A席6,000円/B席5,500円(当日各500円増)、(以下当日のみ)立見2,500円/小学生立見500円(先着10名)
・お問い合わせ=大日本プロレスリング興業 TEL.045-321-1598(登坂)